台風一過の庭に出現したのは……ウナギ! 国産天然ものが訪問の謎

9月13日(金)15時0分 おたくま経済新聞


 雨上がりの翌日、晴れた日に農地の舗装路などでたくさんのミミズが干からびている現象を目にすることがありますが、台風の翌日、庭にウナギが出現していたというのはそうそうないと思います。その、そうそうない現象を目の当たりにした様子がツイッターに投稿されています。

 「私、魔女のキキ!こっちは台風15号通過後、うちの庭にいたうなぎ!!!うなぎ……???おま…どこから……????」と、戸惑いを隠せない様子でそのウナギが庭の上でのたくっている様子を撮影したのは、ネットユーザーのめめさん。最初に発見したときには、泥だらけで息も絶え絶え。動画の様子は水をかけてみたところ。



 動画を見た人たちから寄せられたコメントには、「蒲焼きにいいサイズ」「炭火は難しいけどフライパンで蒸し焼きにすると美味しいですよ」「調理する際はうなぎの血には毒があるので気をつけてください」といった実用的なコメントから、「パッと見ヘビかなと思ってしまった」と、蛇と見間違える人、さらにその後無事に近くの川へ帰したというめめさんのツイートから、「帰したツイ主さんえらい」「ウナギに代わってお礼申し上げます」といったコメントまで。

 「天然だったのに」という、国産天然ウナギを惜しむ声もチラホラありますが、ウナギを捌くスキルがないとなかなか難しいので、ここは無難に川に帰してあげた方が良策だったのでは……。とにかく、この後無事にめめさんのご主人によってウナギは無事に川へと帰っていきました。



 めめさん宅は、神奈川県の西の方にあるごく普通の住宅地。直線距離で30mほどのところに川がありますが、車道や住宅の間に挟まれているので、ここまでウナギが移動してきたこと自体、ビックリという話だそう。

 最初はピクリともしなかったウナギでしたが、「『もう死んじゃってるのかな〜?埋めてあげよう』と思い、土とか草まみれだったので埋める前に綺麗にしてあげようと水をかけたら動画のように急にビチビチ動きはじめたので、恐らく川から来たんだろうなと思いそこへ返しました」とめめさん。心優しい……。

 どうやらウナギは雨の多かった日などに他の水域に移動しようと陸に上がることもあるそうで、皮膚呼吸もある程度できる様子。それで、大雨の後に川から出てきたのでは、という見方が強い様です。

 数年後、「あの時助けて頂いたウナギです」と、おおきなかば焼きでも差し入れしてくれたら……とも思ってしまいますが、自分の仲間をかば焼きにするなんて、ないですよね……。

<記事化協力>

めめさん(@wtmemewt0807)

(梓川みいな)

おたくま経済新聞

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ