男性写真家ばかりのニコンのキャンペーンに「性差別」と批判の声

9月17日(日)16時18分 ねとらぼ

キャンペーン特設サイト

写真を拡大

 32人のプロ写真家を起用したNikon Asiaの「D850」キャンペーンに女性写真家が1人もおらず、女性差別ではないかと批判を受けています。
 D850の多才さを示すためにさまざまな分野のプロ写真家に試してもらうとして、9月上旬に告知されたキャンペーン。その特設サイトに並んでいるのは男性写真家の写真ばかりでした。これにはSNSで「女性の写真家はどこ?」「性差別だ」「ニコンの広告チームに女性はいないのか」などの批判が寄せられました。
 Nikon Asiaはこれを受けて13日にTwitterにコメントを掲載。同社は新製品を紹介するために写真家向けの会合を開催し、女性写真家も招いたものの、参加できなかったと述べています。「この分野(女性写真家)に十分に注力してこなかったことは私たちも認めています」とし、「このことを問題提起してくれたことに、コミュニティーに感謝したい」としています。
 このコメントに対しても、「招待した女性写真家が全員来られなかったという“言い訳”はばかばかしい」「誰を招いてなぜ来られなかったのか。下手な言い訳に聞こえる」など批判が続いています。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

写真をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ