ドコモの5Gは“地方”にも注力 ドコモが「5Gプレサービス」をスタート

9月20日(金)14時55分 ITmedia Mobile

サービス開始ボタンを押す吉澤和弘社長

写真を拡大

 NTTドコモは9月20日、5G(第5世代移動体通信システム)の「プレサービス」を開始した。
 これに合わせて同社は同日、本社と各支社において「ローンチセレモニー」を開催。各会場を5G回線で結び、プレサービスを“全国一斉に”始めることをアピールした。
●5Gで日本と社会を変える 地方創生も進める
 「ドコモは5Gで日本を、社会を変えていこうと考えている」というドコモ。日本全国において、「オープンな姿勢で地方創生を進めていきたい」という。約3000社のパートナーとユースケースを開拓するだけではなく、ドコモ自身も5Gサービスに1万5000人以上の人員を投入しているという。ドコモの人員のうち、6000人以上は各地域の支社で従事しているそうだ。
 エリア展開面では、2020年度第1四半期(2020年4〜6月)までに全都道府県に基地局を設置し、その1年後には全国に1万局の基地局設置を目指す。
 ただ、5Gエリアを展開しても、その特性を生かせるサービスが出てこなければ意味がない。そこでドコモは5Gに関連する技術を検証できる「ドコモ5Gオープンラボ」を東京、大阪、沖縄、グアムに開設している。9月20日にはこのラボを北海道、仙台、名古屋、石川、広島、香川、福岡にも新設し、各地域で少なくとも1箇所は5G技術を試せる環境を整えた。
 これらの取り組みを総合する限り、ドコモとしては地方にこそ5Gを普及させようと考えているようだ。

ITmedia Mobile

「ドコモ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ドコモ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ