ソニーの新スマホ「Xperia 5」、Xperia 1ユーザーにはどう映った?

9月23日(月)6時0分 マイナビニュース

ソニーモバイルコミュニケーションズはドイツ・ベルリンにて開催されたIFA 2019にて、スマートフォンの最新モデル「Xperia 5」を発表しました。Xperia 5は、すでに発売されている「Xperia 1」よりも一回り小さいサイズで、モデルチェンジではなく別ラインの端末となっています。筆者はドコモ版「Xperia 1(SO-03L)」を購入して3カ月ほど使用中。そこでXperia 1ユーザーの視点からXperia 5のポイントをチェックしていきます。

○操作性アップで解像度の低下はあまり感じない

Xperia 1とXperia 5でもっとも大きな違いはディスプレイです。Xperia 1は6.5インチ(1,644×3,840ドット)、Xperia 5は6.1インチ(1,080×2,520ドット)。アスペクト比は両者とも9:21で同じです。Xperia 1と比較して、Xperia 5はディスプレイが一回り小さくなっているため、本体サイズも約68×158×8.2mmと、横幅で4mm、縦は9mmも小さくなっています(厚みは同じ)。

このサイズダウンがXperia 5の操作性をアップさせています。Xperia 1も9:21と縦長画面なので一見すると細く見えますが、片手でしっかり握って操作しようとすると、親指が届かない範囲がかなりあるのです。これがXperia 5になると、親指の届く範囲がぐっと広くなり、「片手モード」で画面を小さくして操作するようなケースを減らせそうです。

画質に関しては、まずXperia 1が4K相当の解像度と643ppi(ドット密度)であるのに対して、Xperia 5はフルHD相当の解像度で449ppiとダウンしています。差が出そうですが、ぱっと見はほぼわかりません。Xperia 5も十分に高密度でドット感はなし。ちなみにiPhone XSシリーズは458ppiです。

Xperia 5のディスプレイパネルは有機ELで、HDR表示にも対応。動画視聴時に、クリエイターが意図した色を忠実に再現する「クリエイターモード」も搭載しています。

筆者はXperia 1でNetflixを観る機会が多いのですが、クリエイターモードをオンにすると、作品によってはかなり印象が変わって、映像をより楽しめます。これがXperia 5でも味わえるのはマル◎。ただし、Xperia 1から一回りディスプレイが小さくなっているので、迫力はXperia 1のほうが上。動画視聴やゲームプレイをメインに考えているならXperia 1、普段の使い勝手を重視するならXperia 5といった感じです。

○カメラ機能もほぼ同等もスーパースローには非対応

本体サイズは小さくなったものの、カメラは超広角(16mm/F2.4)、標準(26mm/F1.6)、望遠(52mm/F2.4)のトリプルレンズカメラは、Xperia 5もXperia 1と同じ。各レンズを切り替えて撮影できます。

カメラアプリの操作性も同じで、デジタルズームは標準の「x1」から「x10」まで調整可能です。超広角「W」から「x1」の間は調整できません。ここは他社のトリプルレンズカメラを搭載したモデルと比較するとマイナスポイント。次期モデルでは超広角からのズーム調整に対応して欲しいものです。

Xperia 1とXperia 5、カメラの性能はほぼ同じですが、1点だけ違うのは、Xperia 5では960fpsでのスーパースローモーションの撮影に非対応なこと。その理由は、「標準カメラに採用しているセンサーは同じ世代のメモリー積層型ですが、Xperia 1はメモリーを積層していて、Xperia 5はメモリーを搭載していない」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)から。

個人的には、スーパースローモーションは撮影すると楽しいですが、そんなに頻繁に使う機能ではありません。カメラアプリからモードを呼び出して設定する必要もあるので、意外とめんどうです。スーパースローモーションは数世代前のXperiaから搭載されているので、これまであまり使っていなかったユーザーはXperia 5を購入しても気にならないのではと思います。
○アプリや機能のアップデートはXperia 1にも対応予定

プロセッサやメモリ、ストレージなど基本スペックもXperia 5はXperia 1と同等。さすがに本体サイズが小さくなっているのでバッテリー容量は3140mAhと、グローバル版のXperia 1と比較して190mAhほど減っています。この差が使用時間にどれくらい影響するか気になるところ。ですがXperia 5はディスプレイサイズが小さくなり解像度も落ちているので、消費電力もそのぶん少なくなるので、トータルの使用時間は大差なさそうです。

機能やアプリに関しては、Xperia 5でいくつかアップデートがあります。機能面でいえば、いままで通知から表示していたアプリと、通知のアプリを画面分割して表示できるようになっています。

またカメラアプリでは、写真撮影のときに指が映り込んだりピントが合っていないと通知してくれる機能を搭載。映画風の動画撮影が可能な「Cinema Pro」やゲームプレイ時に設定をカスタマイズできる「Game enhancer」にもアップデートや新機能が搭載されています。

Xperia 1ユーザーとしては、このアップデートされた機能やアプリが使えないのは悔しいですが、ソニーモバイルコミュニケーションズに確認したところ、Xperia 1への対応も検討しているとのこと。時期は未定のためしばらくはXperia 5のほうが多機能ということになります。

というわけで、ほぼほぼ性能は同じなXperia 5とXperia 1。筆者自身はXperia 1を3カ月使っていて、かなり満足しています。Xperia 5も日本への投入はアナウンスされているので、Xperia 1登場時にサイズがネックになって購入を諦めたユーザーは、Xperia 5の日本版が発売されたら、ぜひ店頭で確認してみてください。

マイナビニュース

「Xperia」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「Xperia」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ