外出先でも訪問者とやり取り可能 Wi-Fiドアホン

9月30日(日)18時0分 J-CASTニュース

宅配荷物の再配達問題もこれでクリア!?

写真を拡大

LED照明および防犯カメラなどの製造を手がけるダイトク(埼玉県川口市)は、乾電池式ドアホン「留守でもピンポン」を、2018年10月に全国の家電量販店およびホームセンターなどで発売する。

単3形乾電池×3本でスタンバイ最長1年



IEEE802.11b/g/n準拠のWi-Fiに対応し、本機のカメラ映像をスマートフォンに送信。自宅不在時、世界中どこにいても訪問者とのコミュニケーションが可能になる。アプリはiOS/Androidに対応する。



100万画素イメージセンサーを搭載し、解像度1280×720、640×360ピクセルの動画に対応。別売のmicroSDHCカード(最大32GB)に保存もできる。電源は単3形乾電池×3本で、最長1年のスタンバイが可能とのことだ。



壁掛け用パーツなどが付属する。カラーはホワイト。



参考価格は8000〜9000円の予定。

J-CASTニュース

「Wi-Fi」をもっと詳しく

「Wi-Fi」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ