光を吸収する塗料でコーティングされた世界一黒い椅子。夜ゼッタイぶつかる

10月5日(土)20時0分 GIZMODO


191001_blackchair
Image: Death by Modernism

これを塗ることで、芸術作品みたいになります。

自動車免許の教習所で習いますが、人間の眼は暗順応が出来るので、夜など暗い場所でも少し経てば視界が少しハッキリ見えるようになります。なので夜中にトイレに起きたとき、部屋の中の家具にぶつからない程度には、誰もが眼を自動調節できるようになっています。

世界でもっとも黒い椅子しかしもし、DEATH BY MODERNISMが作った椅子「SUPERVOID S-Chair」が途中に置かれていたら、絶対に激突してしまうことでしょう。なぜならこれは、今買える中でもっとも黒い、日中でも光をほとんど反射することがない塗料のひとつが塗られているので、真夜中の激突は絶対に避けられないのです。

つまりこれ、かつてお伝えした、あの真っ黒素材「Vantablack」で塗装したBMWと同じことになっているのです。

このS字型の曲線的なデザインが特徴の椅子は、芸術家スチュアート・センプルが作った、可視光の98%を吸収する「BLACK 3.0」という塗料を塗られています。その結果、椅子の輪郭のほとんどが識別不可能になり、裸眼で見ると形のない黒い塊のように見えてしまいます。


191001_blackchair2
Image: Death by Modernism

大人の事情で世界一黒い塗料は使えなかったけれど以前にもお伝えしました通り、「BLACK 3.0」は最も黒い塗料ではなく、上には上がいます。かつてはSurrey NanoSystemの、実験室で生み出したナノチューブをその成分のひとつとし、光の99.965%を吸収できる「Vantablack」が世界一でした。ですが今は、MITの科学者らが作った99.995%の入射光を吸収する新素材が一番になっています。

残念なことに、2016年に彫刻家のアニッシュ・カプーアが「Vantablack」の独占権を保有したため、MITはまだその資料を一般公開していない事情があるとのこと。その結果、市販されている中でもっとも黒い、スチュアート・センプルの世界一ではない代替品を使用することになったのだそうです。

意外と手の届くお値段限定商品ですし、SFの世界から出てきたような素材を使っているというのに、この「SUPERVOID S-Chair」のお値段はわずか299ドル(約3万2300円)でお買い求めが可能となっています。

ちなみにイケアに行けば、もっと高価な椅子も売られています。さすがにここまで黒くはないものの…なんと、自分で組み立てることが出来ちゃうんです。それに深夜に居間で激突する心配もありません。でも買うならやっぱ、この真っ黒チェアーですかね?

Source: Death by Modernism, COOL HUNTING, Stuart Semple

GIZMODO

「世界一」をもっと詳しく

「世界一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ