Appleの「ARKit」採用アプリで最も多いのはゲーム──Sensor Tower調べ

10月13日(金)12時43分 ITmedia Mobile

カテゴリー別ARKitアプリランキング(資料:Sensor Tower)

写真を拡大

 米Appleが「iOS 11」で利用可能にしたAR(拡張現実)フレームワーク「ARKit」を採用したアプリがApp Storeで公開され始めている。モバイルアプリの市場調査を手掛ける米Sensor Towerは10月12日(現地時間)、リリース後約1カ月時点のARKit採用アプリについての調査結果を報告した。
 ARKitの機能を中心とするアプリでは、予想通りゲームが最も多く、公開されているアプリの35%を占めた。2位はユーティリティで19%、3位はエンターテインメントで11%だった。
 ダウンロード数と売上高でもゲームが圧倒的なトップだった。ダウンロードされたARKitアプリの53%がゲームであり、ARKitアプリの売上高の62%をゲームが占めた。
 ARKitゲームの有料版のトップは「The Machines」。日本での販売価格は600円だ。現実世界のテーブルの上などにバーチャルな戦場を展開し、そこで戦うゲームだ。
 ゲーム以外では、無料アプリでは購入したい家具を自宅に置いて見られる「IKEA Place」が、有料アプリでは240円の物差しアプリ「TapMeasure」がトップだった。

ITmedia Mobile

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アプリをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ