iOS 13ではテザリングしながらAirDropでファイル共有が可能に

10月13日(日)7時28分 ITmedia Mobile

任意の写真を選択して「AirDrop」をタップした後、送り先を選択する

写真を拡大

 「iOS 13」はダークモードや地図の立体表示機能などが注目されがちだが、実はテザリングをしながらでもAirDropが使えるようになった。
 テザリングとは、スマートフォンやタブレットのモバイル回線を他の機器にも共有し、インターネット接続をすることだが、iOS端末では「インターネット共有」と呼称される。
 iOSのインターネット共有では、同じApple IDでサインインされた端末であれば、Wi-Fiパスワードの入力をすることなくネットに接続できる。
 そんな利便性はあるものの、以前のiOSではテザリングをしながら、AirDropを使ってファイルを共有できないという不便さもあった。AirDropは、Wi-FiやBluetoothを用いて近くのiPhoneやiPad、Macに写真や書類などの各種データを簡単に送信できる機能。
 AirDropを使ってiPhoneからMacでファイルを送る手順は下記のようになる。
 例えば、取材先でiPhoneとMacを使い、記事を作成する筆者は、iPhoneで写真を撮影し、Macに転送して編集するといった使い方をしている。これまでは、テザリングとAirDropが排他仕様だったため、iPhoneのテザリングをいったんオフにして、Macへ写真を転送していた。
 iOS 13では、iPhoneのテザリングをオフにすることなく、接続先のMacへ写真を転送できるのだ。迅速果敢に記事を書く場合には、1秒たりとも無駄にできない。意外と今回のようなケースでお困りの方は多かったのではなかろうか。ダークモードなどの新機能ももちろん魅力的ではあるが、こうした“かゆいところに手が届く”ような細かいアップデートもあるので、ぜひ皆さんもiOS 13を試してほしい。
 本記事ではiOS 13をインストールしたiPhone 11 Pro MaxとmacOS MojaveをインストールしたMacBook Proを使って検証した。他の環境もしくは同じ端末で動作することを保証できないので、ご留意いただきたい。

ITmedia Mobile

「iOS」をもっと詳しく

「iOS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ