訪日外国人の“足取り”、プリペイドカードで把握 JCBが実証実験

10月13日(金)19時1分 ITmedia NEWS

JCBプレモカード

写真を拡大

  ジェーシービー(JCB)は10月13日、スマートフォンアプリとプリペイドカードを活用し、訪日外国人旅行者の位置情報や決済情報を解析してマーケティングにつなげる実証実験を、長崎市で10月に始めたと発表した。地域経済の活性化を狙う。
 観光情報などを配信するスマートフォンアプリ「Japan Travel Guide」(NTTアドが提供)をダウンロードした旅行者に、プリペイドカード「JCBプレモカード(For Tourists)」をプレゼントする。旅行者の属性(国籍、年齢、性別)や、スマホアプリ経由で取得する位置情報、JCBプレモカードの決済情報を組み合わせて解析し、マーケティングに活用できるかを検証するという。
 解析結果は、Wi-Fi環境の整備、国内外でのプロモーション、旅行者の周遊・購買行動の可視化、観光資源の発掘——などにつなげる考え。
 実験は2017年10月1日〜18年3月4日に、長崎市内で行う。長崎国際観光コンベンション協会(長崎出島ワーフ2階)とNTT出島ビル1階で、旅行者にアプリのダウンロードを促すとともに、JCBプレモカードを配布する。
 経済産業省の公募事業「IoTを活用した新ビジネス創出推進事業」(IoT活用おもてなし実証事業)の一環。

ITmedia NEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

プリペイドカードをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ