ロシアがポケモンGOを利用と米報道 米大統領選への介入疑惑で

10月13日(金)18時29分 ねとらぼ

ポケモンGO

写真を拡大

 ロシアが2016年の米大統領選に介入した疑惑に関して、同国のエージェントがスマホゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」やSNSを利用して、人種間の緊張を高めようとしていたと、米CNNが報じています。
 CNNによると、黒人差別問題に関連したキャンペーン「Don't Shoot Us」にロシアがかかわっており、その活動の一環として2016年、ポケモンGOを利用したコンテストが発表されたとのこと。コンテストでは、警察による黒人への暴力事件が起きた場所の近くでポケモンを探し、ポケモンに被害者の名前を付けるよう呼びかけていました。CNNは、ポケモンGOユーザーがコンテストに参加しようとした証拠を見つけられなかったとしています。
 Don't Shoot Usは他にもTwitterやFacebookを利用していましたが、アカウントは停止されています。
 先にはロシアがFacebookやYouTubeなどに政治目的の広告を掲載していたと報じられています。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロシアをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ