東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、予定を2時間繰り上げて開園 アトラクションなどに大きな被害なし

10月13日(日)13時50分 ねとらぼ

2011年4月14日以来約8年半ぶりの休園

写真を拡大

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、大型台風19号の影響を受け、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを臨時休園していましたが、10月13日12時より運営を再開しました。
 これまで、悪天候でも「来園を楽しみにしている人々のため」と休園措置をとることはほとんどなかった東京ディズニーリゾートですが、大型台風19号の上陸に合わせ、10月12日は東京ディズニーランド、東京ディズニーシーともに臨時休園を決定。10月13日の開園は14時からと発表されていましたが、予定を2時間繰り上げ12時から開園しました。閉園時間は、台風上陸前に予定されていた通り22時と発表されています。
 東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの休園は、東日本大震災の影響で休園していた2011年4月14日以来の約8年半ぶりと非常に珍しい措置のため、SNSでも大きな話題となりました。
 両パークの運営を再開した東京ディズニーリゾートには、3連休の中日ということもあり、多くの人々が来園しています。また、公式サイトでは定期メンテナンス中のものを除くアトラクションの運営を確認することができ、台風によるアトラクションの大きな被害はない模様です。
 運営は再開されましたが、引き続き、12日、13日、14日の東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの日付指定券のチケットを持っている方は変更手数料無料で日付変更が可能です。
 また、東京ディズニーリゾート内の宿泊施設、東京ディズニーランドホテル、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーセレブレーションホテルでは、10月11日、12日、13日の宿泊予約の取り消しについて、電話での問い合わせを行えば無料でのキャンセルが可能となっています。

ねとらぼ

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ