保護猫に出会えるマッチングアプリ「NYAPPLING」 殺処分問題きっかけで誕生

10月16日(水)14時0分 おたくま経済新聞


 「出会い系アプリ」というと、少しアヤシイ……と警戒してしまいますが、その怪しさとは一線を画する、保護猫に出会えるマッチングアプリ「NYAPPLING」(iOS/無料)が10月7日にリリースされています。

 開発したのはネコノラボ。最先端技術を使って、AIが人の顔を診断。登録している猫から、最も似た猫を導き出してくれるというサービスです。さらに、もしその猫に興味をもったら、実際に会いに行くこともできます。



 「NYAPPLING」に登録されている猫は、全て保護猫団体から紹介された猫ですが、ネコノラボが、このアプリを開発したのは、日本の殺処分問題がきっかけ。日本で1年間に殺処分される猫の数は、3万4854匹(環境省自然環境局平成30年「犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」より)です。

 保護猫を救う手段として里親になる方法がありますが、その習慣はまだ根付いていません。「猫を救いたい」そのために、保護猫と人間の出会いのきっかけを増やしたいと思い、このアプリを開発したとのことです。

 似た者夫婦という言葉がありますが、人は無意識に自分と似たものに好意を抱くそう……。「NYAPPLING」は、この「似た顔の人を好きになる」性質を利用しています。最新のディープラーニング技術を用いて、1万6000匹もの猫を読み込ませ、学習。人間を一度猫化させ、そこから猫化された画像と、登録された猫との近似値を求め、自分にもっとも似ている猫が表示される仕組みになっています。



 アプリの使い方はとても簡単。自分の顔を撮影するだけで、あらかじめ登録されている保護猫の中から、相性の良い猫が表示されます。そして、猫のプロフィールページに飛べば、猫の連絡先も知ることができ、会いに行くこともできます。







 保護猫に出会えるマッチングアプリ「NYAPPLING」は、App storeで配信中。Android版については「検討中」とのことで、今後の反響次第となります。

 現在はiOS版のみとなりますが、それでもこのアプリをきっかけに、いろんな人に保護猫を知って興味をもってもらい、「里親になる」という選択肢を選ぶ人が増えると良いですね。

情報提供:ネコノラボ

【訂正】初出時、猫の入手ルートについて「日本ではペットショップから猫を飼うことが主流であり」という文を掲載しておりましたが、事実と異なる情報であることがわかりました。このか所削除し、訂正とさせていただきます。(2019年10月17日12時01分更新)

(佐藤圭亮)

おたくま経済新聞

「アプリ」をもっと詳しく

「アプリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ