新型iPhoneはどれが買い? 共通点と「5つの主な違い」から見たオススメはコレだ!!

10月19日(木)10時45分 ロケットニュース24

2017年9月22日に発売となった「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」。さらにシリーズ最上位機種となる「iPhone X」の発売を11月3日に控え、どれを買おうか迷っている方も多いのではないだろうか?

そこで、3機種の共通点のほか「iPhone X」だけが持つ主な5つの特徴と、オススメの機種を挙げてみたので、参考にしていただけたら幸いだ。

・共通点の多い新型3機種
今回発表されたiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xには、非常に多くの共通点がある。3機種ともに、業界屈指のパフォーマンスとエネルギー効率を提供するチップ「A11 Bionic」を内蔵。高耐久ガラスで背面を覆うデザインを採用し、周囲の光に合わせて画像をより自然に表示する「True Toneディスプレイ」機能を搭載している。

さらには、FeliCa、防塵防水性能、30分で50%チャージできる高速充電、ワイヤレス充電機能なども装備。その他、iPhone X、iPhone 8 Plusの2機種には、写真のライティングを後から変更可能な「ポートレートライティングモード(ベータ版)」も追加された。

こうしてみると、3機種どれを選んでもアップルの最新技術が存分に体感できると言っても過言ではない。では、シリーズ最上位機種としての「iPhone X」の主な特徴とは、いったい何なのか?

それはズバリ、次の5点といえるだろう。

【iPhone Xの5つの主な特徴】
1. ディスプレイが高精細
2. カメラが高性能
3. 顔認証システムを搭載
4. ホームボタンがない
5. 価格が高い

・ディスプレイが高精細
iPhone 8(8 Plus)は、コントラスト比1300:1の「Retina HDディスプレイ」であるのに対し、iPhone Xは、コントラスト比1000000:1という驚異のスペックを誇る「Super Retinaディスプレイ」を搭載している

この高品位なディスプレイを実現したのは、高解像、薄型、省電力と3拍子揃ったOLED(有機EL)のおかげだ。実はこのOLED、すでに一部のAndroid端末で採用されているもので、この度、アップルも本格導入にたどり着いた格好となる。

・カメラが高性能
続いてカメラの性能にも注目だ。iPhone Xの背面には、広角と望遠の2つの高性能カメラが搭載されており、広角でF1.8、望遠でF2.4と、iPhone 8 PlusのF2.8よりも明るいレンズを採用。さらに両方で光学式手ぶれ補正が効き、より質の高い写真やビデオの仕上がりが期待できる

加えて、背景をぼかして人物をくっきりと浮かびあがらせるお馴染みの機能「ポートレートモード」を前面側のカメラでもサポート。自撮りでも雰囲気のある作品が撮れるようになった点も魅力のひとつだ。

・顔認証システムを搭載
そして今回採用された新機能の中でも特に革新的なのが、“顔” でユーザーを認証する「Face ID」である。仕組みの詳細は公式サイトに記されているので割愛するが、指紋よりも圧倒的に安全性が高く、写真やマスクなどで認識するようなこともないという。

実際に使ってみないとまだ何とも言えないところだが、さまざまな環境下でスムーズに動作することがユーザーによって実証されていけば、新たなスタンダードとなる可能性は高い。

・ホームボタンがない
さらに、この顔認証システムが採用されたことでホームボタンがなくなり、端末の隅までディスプレイが広がった点も見逃せない。操作性が気になるところだが、まさにアップルが言う “スマートフォンの未来形” といったデザインとなっている。

・価格が高い
そして最後に、誰もがわかる特徴が高価な点だ。ちなみにSIMフリー版3機種のアップル公式価格(2018年10月17日時点)は、次の通りである。

【価格(税別・SIMフリー版)】
・iPhone 8 → 64GB:7万8800円、256GB:9万5800円
・iPhone 8 Plus → 64GB:8万9800円、256GB:10万6800円
・iPhone X → 64GB:11万2800円、256GB:12万9800円

最も安価なiPhone 8の64GBで7万8800円、iPhone Xの256GBは12万9800円と、大きな差が見て取れる。なお、NTTなど大手キャリアで購入する場合は、割引が適用されるため、実質負担額が異なってくることも念のため記述しておこう。

以上が、 iPhone XとiPhone 8 / 8 Plusの共通点と5つの主な違いだが、いかがだろうか?

・オススメの機種
筆者の個人的なオススメ機種を挙げるとすれば、iPhone 8 Plusだ。なぜなら、長らく愛されてきたホームボタン搭載版iPhoneのフラッグシップ機であり、「ポートレートライティングモード」や「ワイヤレス充電」などの新機能を搭載していながら、バッテリーの持ち時間もシリーズ最長だからである。

もちろん、最新の機能やデザインにいち早く触れたい方は、iPhone Xを購入してみるのも悪くはない。しかし、どちらにしようか迷っている方で、特にPhone 6S以前のモデルを使用している方は、iPhone 8 Plusでも新機種としての魅力を存分に感じられるハズだ。

今回のiPhone新機種登場をきっかけに、スマートフォン市場全体はさらなる盛り上がりをみせるに違いない。今後、他メーカーからどんな製品が出てくるのかも楽しみだ。

参考リンク:Apple「iPhone」
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

iPhone 8 Plusをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ