まさか...スポーツカーが...木で作られてるだなんて... #TMS2019

10月23日(水)21時0分 GIZMODO


IMG_9554
Photo: 武者良太

外装もきになるき!

クルマのパーツっていうと金属が一般的だけど、いかんせん重い。重いってことは燃費が悪い。道路にもダメージがいく。

だから環境省はいいました。金属がダメなら木で作っちゃえばいいじゃない、って。


DSC00154

Photo: 武者良太
2016年から進められてきたナノ・セルロース・ビークル・プロジェクト、その現時点での成果となるのがこのクルマです。素材となるセルロースナノファイバーは、木の繊維をナノレベルまで丁寧にほぐしたもので、紙の原材料となっているパルプをさらに1/1000になるまで細かくしたものなんだって。

それを型でぎゅーっと押し付けて、形を整えたパーツを使っているということですね。


DSC00162

Photo: 武者良太
このセルロースナノファイバーが軽いのに硬いってことで、じゃあコイツでクルマの各パーツを作って軽くしちゃえばいいじゃないというのが本プロジェクトの趣旨のようです。


DSC00152

Photo: 武者良太
とはいうてもさ。木でしょ。セルロースナノファイバーは今までにもクルマの内装パーツとか、プラスチックの代替え品として使われてきたけど、エンジンや排気系に近い熱のある場所では使えないでしょ。と思ってた。


DSC00185

Photo: 武者良太
まったくもって勉強不足でございました。このインテークマニホールド、セルロースナノファイバー製なんですって。エンジンルームの中でも使えるのか...。


DSC00183

Photo: 武者良太
ガッチガチじゃないといけないフロアパネルもセルロースナノファイバー。


DSC00177

Photo: 武者良太
ボンネットやバンパーも、そう。

各パーツの素材をセルロースナノファイバーにすることで車両の重量を10%削減するのが今回の目的。東京モーターショー2019で展示されているクルマは最終試作車となります。

結果として、どれだけCO2が削減できるのかなどはこれからの調査によるとのこと。環境省としては2020年から2040年にかけて素材を入れ替えていき、将来的には他産業のパーツでもセルロースナノファイバーを流行らせたいみたいですよ。

Source: 東京モーターショー

GIZMODO

「スポーツカー」をもっと詳しく

「スポーツカー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ