棺に入って「ペッパー導師」の読経を聞こう! 「IT葬儀」の無料体験ワークショップ開催

10月25日(水)17時4分 J-CASTニュース

「ペッパー導師」

写真を拡大

ハウスボートクラブが運営するライフコミュニティカフェ「ブルーオーシャンカフェ」(東京都江東区)は2017年10月29日、「江東区民まつり」(都立木場公園)で「ペッパー導師」の読経を聴ける体験型ワークショップを開催する。

「ペッパー導師」は、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」が導師を務めてくれるサービスだ。プラスチック成形のニッセイエコ(神奈川県藤沢市)が2017年夏に開発、発表した。


自身への弔辞の朗読も


ニッセイエコは2017年夏、葬儀分野のIT化を進めようと「IT葬儀」なる事業を発表した。「ペッパー導師」は、その目玉となるサービスだ。


袈裟を着用した人型ロボットの「ペッパー」が、葬儀や法事法要、戒名授与などの場で、希望する宗派に合わせ読経をする。菩提寺のない人や、霊園や納骨堂を求めたい人、檀家制度に捉われたくない人など、葬儀への多種多様なニーズに応えるべく生まれた。


2017年10月29日の「江東区民まつり」では、ブルーオーシャンカフェがニッセイエコと協働し、10時から16時まで、「ペッパー導師」を体験できる2時間のワークショップを開催する。


ワークショップでは、1人につき2分、棺に入り、「ペッパー導師」の読経を聴ける。自身への弔辞の朗読や「ペッパー導師」の読経を聴き、死や生について向き合い、自らを見つめることに主眼を置いている。参加費は無料だ。


ワークショップには、2体のペッパーが出張する。1体は入棺体験の読経を担当し、もう1体はカフェのイベント案内などを務める。


J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ペッパーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ