この3Dプリントされた橋は美しいだけでなく「スマート」らしい

10月30日(火)19時0分 GIZMODO


181024mx3dbridge
Image: MX3D Bridge/YouTube

なにこのSFピアノ感。

近年で一気に普及してきた3Dプリンターを使って作り出された世界初の金属製の3Dプリント橋が、オランダのアムステルダムで開催されているDutch Design Weekに展示され話題を呼びました。

『エイリアン』でおなじみのギーガー的なSF風味を感じる美しく不思議な外見とは裏腹に「ザ・橋(The Bridge)」というシンプルな名前をつけられたこの橋。積層痕がたっぷりついてるあたり、「3Dプリンターで出力したぞ!」って感じがして面白い。

頑丈で美しくてスマートこの橋を制作したのはロボットアームを使った金属3Dプリントを展開するMX3D。スカスカなので脆そうに見えますが、米Gizmodoが行なったインタビューによればMX3Dなら30人乗っても大丈夫らしく、耐久性は橋として充分あるとのこと。

しかもこの橋は美しいだけじゃなく多数のセンサーが内蔵されており、安全のために橋の状態を監視できるだけじゃなく、何人歩いたかとか、どれだけ早く歩いたかといったデータを集め、最終的には次のデザインの改良案の参考となるものにつなげていくのだとか。

ハイペース開発&設置の予定ちなみに、この橋はアムステルダム市から依頼されて制作されたもので、MX3Dは市とArup(イギリスのエンジニアリング・コンサルティング会社)、インペリアル・カレッジ・ロンドンと共同で前代未聞であるこの橋の安全評価を行なう方法を作り出しており、アムステルダムのアウデザイツ・アフテルバーフワル運河の改修工事の後、2019年中頃以降に実際に設置する方向で話をすすめているとのこと。

このプロジェクトが始まったのは2015年10月なので、たった3年でここまで来るというのは凄まじい勢い。実際に設置されたら観光名所になりそうですが、その頃には第二、第三の3Dプリント橋が出てきてあっという間に日常で見かける普通のものになるかもしれませんね。

とにかくこういう感じで未来的なルックの大型建造物がどんどん出てくるのはSF世界に生きている感じがするので、ぜひともどんどんやってほしい!

Source: YouTube(1, 2)via Gizmodo US(1, 2), MX3D

GIZMODO

「スマート」をもっと詳しく

「スマート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ