持ち運びやすいの一言! 「折りたたみタンブラー」は仕事でもアウトドアでも使えそう

10月31日(木)23時0分 lifehacker

マイボトルとしてのタンブラー。

これからの季節、温かいドリンクをタンブラーでたしなむ人も増えるのではないでしょうか? 私はこの時期になると、コーヒーショップでマイタンブラーにコーヒーを入れてもらうこともよくあります。

しかし、タンブラーは持ち運びが難儀。バックの少ないスペースをとってしまうんですよね…。

そこで目をつけたのが折りたたみのタンブラー。海洋エンジニアが設計したという、折りたたみ式のタンブラーが現在machi-yaでクラウドファンディングをしています。

折りたたんでコンパクトに持ち運べ、二重構造でおいしさをキープできるのが特徴です。

今回は、レンタルして実際に使ってみました。

持ち運びたくなる美しいデザイン
DSC07091

Photo: 島津健吾
船を設計する海洋エンジニアが、18カ月の時をかけて設計したというタンブラー「W10コラーシブルカップ」。ボトルタイプと折りたたみ式があり、今回は折りたたみ式を使っていいます。

まず、手にとって感じたのは、ボトルのデザインが洗練されていること。コッパーゴールドとマットブラックのどちらのカラーも、オフィスのデスクに置いておきたくなるようなデザイン。


DSC07034

Photo: 島津健吾
外側には、ABS樹脂とステンレススチール201を使用。肌触りの良いさらっとした手触り感がなんとも言えませんでした。

オフィスで使う、通勤中に持ち歩く、アウトドアで使うなど、シーンに縛られず汎用的に使えるデザインだと思います。

折りたためて持ち運びが便利
DSC07054

Photo: 島津健吾
タンブラーは持ち運びが大変ですが、「W10コラーシブルカップ」は、そんな課題を解決したタンブラー。なんと折りたたんで持ち運びができます。

写真の向かって左側を折りたたんだ姿が、右側のタンブラーです。折りたたむ前は13.8cmですが、折りたたんだ後は6.3cmに。約半分も小さくなり、持ち運びがだいぶ快適になりました。少し無理をすれば、ポケットに入れて持ち運ぶこともできそうでした。


DSC07061

Photo: 島津健吾
専用の袋がついているので、持ち運びがより一層楽になります。バックパックに入れて持ち運ぶのもよし、カラビナを使ってバックパックに取り付けておくのも良いでしょう。

仕事専用のタンブラーとして使うのも良さそうですが、これだけコンパクトに持ち運べるのでアウトドア用途でも使い倒せそうでした。災害時にも持ち運びが便利なので、オールラウンドに使えそうです。

折りたたみ方法が気になる方は、以下の動画をご参考ください。

最大100度まで対応、保温力もあり
DSC07066

Photo: 島津健吾
「W10コラーシブルカップ」は、二重のステンレス構造を採用し保温力を高めています。

ホットコーヒーやお茶を長時間保温するだけではなく、氷を使う飲み物も長時間保温可能。たとえば、アイスコーヒー、炭酸飲料、そして焼酎といったアルコール類。

冷たいドリンクをコーヒーショップで購入しても、仕事に集中しているといつの間にか氷が溶けて味が薄くなっていることがよくあります。

これをタンブラーで防げるなら、時間をかけておいしいドリンクを楽しめそうですね。

また、二重のステンレス構造は、冷たいドリンクを入れても水滴がタンブラーの表面につかないメリットもあります。デスク状が水滴でびしょびしょになる心配もありません。


DSC07064

Photo: 島津健吾
また、もう1つ気になったのは、飲み口。一般的なシリコンを使った栓を嵌め込み、口を塞ぐタイプです。

飲み物を入れた状態でカバンに入れるのは、ちょっと難しそうでした。

持ち運び用途で使いたいなら、横にしても問題なく持ち運びできるボトルタイプを選ぶと良いでしょう。

コースター機能付きで安定感がある
DSC07069

Photo: 島津健吾
仕事中にタンブラーが倒れてデスクがコーヒーまみれになった経験はありますか? 資料だけではなくパソコンも濡れてしまったら大変です。

「W10コラーシブルカップ」は倒れにくいよう、カップの底の面積を広げ、まるでコースターのような見た目。非常に安定感があり、仕事中のヒヤリも減らせそうでしたよ。

ウォーターボトルと折りたたみ式の2種類展開
f6ca6d64-bb9d-4ce3-bad8-d822513b6cd6.png

Image: machi-ya
「W10コラーシブルカップ」は、ウォーターボトルと折りたたみ式の2種類展開(ウォーターボトルタイプは、折りたたみできません)。カラーはコッパーゴールドとマットブラックの2色です。

折りたたみ式は、5,500円(販売予定価格11,000円の50%OFF)、ウォーターボトルタイプは4,400円(販売予定価格8,800円の50%OFF)。

これから、ホットコーヒーやココアが飲みたくなる季節に突入します。折りたたみできるタンブラーが、よりいっそう活躍しそうですね。

>>世界初!海洋エンジニア設計 折りたたみタンブラー& 所有したくなる美しいボトルはこちら

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

lifehacker

「アウトドア」をもっと詳しく

「アウトドア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ