「Xperia XZ1 Compact」 約4.6型ディスプレイのコンパクトボディ、「Android 8.0」搭載

11月4日(土)18時56分 J-CASTニュース

コンパクトサイズに充実のカメラ機能

写真を拡大

NTTドコモは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を2017年11月中旬に発売する。

スーパースロー動画対応のアウトカメラ、大人数自撮りもできる超広角インカメラ



約4.6型HD(1280×720ドット)TFT液晶ディスプレイを搭載した、手のひらに収まるコンパクトボディに最新の8コアQualcomm「MSM8998」プロセッサーを内蔵し、OSは「Android 8.0」をプレインストール。4GBメモリーにより複数のアプリを起動してもスピーディーに動作するという。内蔵ストレージは32GB、microSDXC(最大256GB)対応。



下り通信速度が最大644Mbpsの高速ネットワークに対応。ユーザーの生活リズムに合わせて充電時間を調節する「いたわり充電」と、充電の最適化技術によりバッテリーの長寿命化を実現し、2年経っても快適に使用できるという。



約1920万画素アウトカメラは「Motion Eye」カメラシステムを採用。約0.2秒の一瞬を約6秒のスロー映像で再生できる毎秒960コマ動画「スーパースローモーション」に対応。シャッターを押すと最大4枚の写真を記録し、タイミングが遅れてもベストショットを選んで残せる「先読み撮影」のほか、「オートフォーカス連写」など、走っている子供やペットなど動きのある被写体の撮影に適する機能を備える。



約800万画素インカメラは超広角撮影が可能で、大人5人の横並びや大人数での"自分撮り"、広大な背景も一緒に収めて撮影できる。



独自アプリ「3Dクリエーター」を利用すれば、人の顔や食べ物などを簡単に3Dデータとして保存可能。壁紙や「マチキャラ」に設定できるほか、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で共有して楽しめる。



CDを超える高解像度「ハイレゾ音源」の再生に対応。また同社の高音質技術「DSEE HX」により、CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当の高音質化が可能だ。



カラーはWhite Silver、Black、Horizon Blue、Twilight Pinkの4色。

J-CASTニュース

「Xperia」をもっと詳しく

「Xperia」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ