マイクロソフト、2020年1月に新Microsoft Edge公開を発表

11月5日(火)17時50分 マイナビニュース

Microsoftは11月4日(米国時間)、「Introducing the new Microsoft Edge and Bing|Windows Experience Blog」において、Windows版のMicrosoft EdgeとmacOS版のMicrosoft Edgeを2020年1月を目処に公開すると伝えた。

このMicrosoft EdgeはChromiumをベースに開発されたもので、Chromiumの最新成果物をベースにしつつ、Microsoftがこれまで提供してきたブラウザエクスペリエンスに近いものを提供するものと考えられている。

Microsoftはこの新しいMicrosoft Edgeのロゴを上記のように変更することも伝えた。Internet Explorerをイメージさせる従来のロゴから、よりモダンなロゴに変更されている。MozillaがFirefoxのロゴを変更したが、それと同じような流行に乗ったデザインといえる。

Microsoftはこれまで同社が開発を進めてきたMicrosoft Edgeの開発から、Googleが主導で開発を進めるChromeのベースとなっている「Chromium」をベースとしたWebブラウザ開発へ取り組みを変更することを発表していた。発表から1年ほどで成果物がリリースされることになり、想定されていたよりも早いペースでリリースに到達したように見える。

Windows版とmacOS版が同時に公開される点も注目される。ベースとなるChromiumはLinux版も公開されていることから、将来的にはLinux版のMicrosoft Edgeが公開されることも考えられる。

マイナビニュース

「Microsoft」をもっと詳しく

「Microsoft」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ