増税後はコード決済の利用率が3倍に、利用率トップは「PayPay」

11月7日(木)18時38分 ITmedia Mobile

利用しているキャッシュレス決済

写真を拡大

 インフキュリオン・グループは、11月7日にキャッシュレス決済利用状況の調査結果を発表した。
 本調査は16〜69歳男女2万人を対象とし、10月18日〜10月21日にインターネット上で回答を得たもの。同社が2019年3月に当社が実施した「決済動向調査2019」と比較し、2019年10月1日の消費税率引き上げ後の動向をグラフ化している。
 「クレジットカード」「ブランドデビット」「ブランドプリペイド」「電子マネー」「QRコード決済アプリ」のうち、いずれかのサービスを「利用している」という回答を比較したところQRコード決済利用率が11.6%から35.7%に拡大。QRコード決済アプリ1つ以上を利用している人へ利用アプリを聞いたところ、最も利用率が高いのは「PayPay」の63.8%で、続いて「LINE Pay」が29.6%、「楽天ペイ」が28.8%となった。
 消費増税後の支払い方法について、キャッシュレス決済を利用する回数の変化について聞いたところ、キャッシュレス決済の利用が「かなり増えた」「まあまあ増えた」と回答した人は45%となっている。

ITmedia Mobile

「増税」をもっと詳しく

「増税」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ