Antec、スライド式ガラスパネルでメンテナンスしやすいミドルタワーケース

11月8日(金)18時1分 マイナビニュース

リンクスインターナショナルは11月8日、Antec製のATX対応ミドルタワーPCケース「Antec Performance Series P120 Crystal」を発表した。11月16日より発売する。価格はオープン、店頭予想価格は12,700円前後(税別)。

サイドパネルにスイングドア式の強化ガラスを使用するPCケース。スライドロック式なのでワンタッチでドアの開閉が行える。標準でファンは搭載していないが、側面に120mm×3基(140mm×2基)、底面に120mm×2基(140mm×3基)、背面に120mm×1基(140mm×1基)のファンを取り付け可能。水冷ラジエター用のスペースは、底面とマザーボードの横に確保。どちらも最大で360mmクラスの水冷ラジエターを配置できる。

搭載ベイ数は、内部3.5インチベイ×2基、内部2.5インチベイ×3基。また、アルミ製VGAホルダーを内蔵するので、ハイエンドグラフィックスカードを装着してもぐらつかない。拡張スロットの向きは、水平だけでなく垂直方向にも対応。底面と側面の開口部にはダストフィルターが設置されており、着脱式で清掃もしやすい

そのほか主な仕様は、拡張スロット数が7基(垂直が3基)、搭載グラフィックスカードの長さが最大450mmまで、搭載CPUクーラーの高さが最大185mmまで、搭載電源の奥行きが最大294mmまで。外部インタフェース類はUSB 3.0×2基、オーディオ入出力×1基。本体サイズはW234×D476×H485mm、重さ量は約10.4kg。対応フォームファクタはE-ATX / ATX / マイクロATX / Mini-ITX。

マイナビニュース

「ガラス」をもっと詳しく

「ガラス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ