Dan Cases、縦方向にグラフィックスカードを組み込めるMini-ITXケース

11月10日(日)17時27分 マイナビニュース

ディラックは11月8日、独Dan Cases製のPCケース「A4-SFX v4.1」と水冷ユニット取付用ブラケット「A4-SFX 120 AIO Bracket」を発表した。ともに11月20日より発売する。
○A4-SFX v4.1

A4-SFX v4.1は、容量7.2リットルのMini-ITXケース。ブラックとシルバーの2色を用意し、店頭予想価格は36,000円前後(以下、税別)。

材質に1.5mm厚のアルミを使用し、2.5インチドライブ×3基を内蔵可能。搭載できるファン数は92mm×2基で、取り付け場所はマザーボード下部と2.5インチベイ用トレイを取り外した部分の2カ所。付属のPCI Express 4.0対応ライザーカードを使うことで、縦方向にグラフィックスカードを装着できる。

そのほか主な仕様は、拡張スロット数が2基、拡張カードスペースが長さ295mm / 高さ144mm / 奥行き40mmまで、CPUクーラーの高さが48mmまで。搭載電源はSFX / SFX-L規格に対応。外部インタフェースは、USB 3.2 Type-C Gen2×1。本体サイズはW112×D317×H200mm、重量は1.25kg。対応フォームファクタはMini-ITX。

○A4-SFX 120 AIO Bracket

A4-SFX 120 AIO Bracketは、市販の120mm簡易水冷ユニットを取り付けるためのブラケット。価格は3,000円。対応ケースは、A4-SFX v3 / v4 / v4.1となる。材質はアルミで、本体サイズはW112×D317×H200mm、重さは750g。

マイナビニュース

「ユニット」をもっと詳しく

「ユニット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ