初期型PS4の修理受付が12月25日で終了

11月10日(火)15時27分 マイナビニュース

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PlayStation 4(PS4)の一部機種のアフターサービスを12月25日を持って受付終了する。対象機種は、2014年発売の「CUH-1000」シリーズと「CUH-1100」シリーズ。

両シリーズのアフターサービスを希望するユーザーは、12月25日までにオンライン修理受付サービス、またはプレイステーション カスタマーサポートで申し込み、2021年1月8日までにPS4がプレイステーションクリニックに到着するよう送る必要がある。事前に申し込まず、直接プレイステーションクリニックへ送る場合は12月25日まで受け付けている。

初期型PS4アフターサービス終了の理由は「部品在庫の枯渇のため」としており、上記期日の翌日以降の申込み分、到着分についてはサービスを受けられないとのこと。詳細はサポートページで案内している。

【修理受付終了のお知らせ】 2020年12月25日(金)をもって、PS4 CUH-1000/CUH-1100シリーズ の修理受付が終了となります。https://t.co/RwdlLRSZ6RPS4本体背面から型名をご確認いただき、修理をご検討されている場合は、こちらよりお早めにお申し込み下さい。https://t.co/0ucsVJsVbm pic.twitter.com/j8EqvjkNiX— Ask PlayStation JP (@AskPS_JP) November 10, 2020

マイナビニュース

「PS4」をもっと詳しく

「PS4」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ