ダイキンが初のポータブルエアコン 商品化に向けてクラウドファンディングで出資募集

11月11日(月)8時5分 ねとらぼ

Carrime(キャリーミー)

写真を拡大

 ダイキン工業が、ポータブルエアコン「Carrime(キャリーミー)」商品化に向けてクラウドファンディングサイト「Makuake」で出資を募っています。プロジェクト終了日は2019年12月10日で、達成した場合は2020年6月に配送される予定です。
 「Carrime(キャリーミー)」は同社初のポータブルエアコン。女性がひとりでも持ち運べる商品を目指しています。重量6キロ、サイズは高さ40×幅19×奥行き19センチに抑える予定で、中心に革の取っ手をつけ持ちやすいようにしています。
 吹き出し口からは周辺よりもが7度低い空気が出るようになっており、水平方向から上に30度まで風向きを調整可能。ただし、背面から温風が出るため締め切った場所には適しておらず、防水仕様でもないため雨の日に屋外で使うことはできません。
 支援に必要な金額は、Makuake価格6万円のところ、早割で先着150人が3万9000円、300人が4万8000円、400人が5万4000円となります(価格はすべて税別)。
 なお、同製品はダイキン工業が主催するユーザー参加型イノベーションプラットフォーム「DAIKIN LAUNCH X」で開発されたものです。「DAIKIN LAUNCH X」では、他にも狭小空間向け脱臭機などが提案されています。

ねとらぼ

「ダイキン」をもっと詳しく

「ダイキン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ