バックパックと一体化したレインコートが斬新な雨対策を提案してくれた

11月12日(火)22時35分 lifehacker

皆さんの雨対策はどんなもの?

多くの方は天気予報や朝の天候に合わせて傘を持っていく、もしくはバッグに折りたたみ傘を常備しているかと思います。けれども、あの傘の手荷物感ってやっぱり煩雑じゃありませんか? 止んだら止んだで忘れたりもしますし…。

そんな雨対策に内蔵レインコートというユニークなアプローチをするバックパック「MARK RYDEN」が姉妹サイトmachi-yaに登場しましたのでチェックしてみたいと思います。

内蔵レインコートで急な雨にも対応
MR_contents_seihinnomi

Image: machi-ya
「MARK RYDEN」から登場した新作「MR9068_00」は一見するとシンプルなシティユース系のバックパック。マットブラックの質感とワンポイントロゴのみで、スポーティーながら落ち着いたデザインに仕上がっています。


MR_contents_raincoart

Image: machi-ya
最大の特徴はボトム部分に内蔵されたレインコート機能。バッグだけでなくフード付きで上半身をしっかりカバーできるサイズ感になっているので急な雨でも一時しのぎはできそうですね。天候の変化が多い地域への旅行などでも役立ちそう。


MR_contents_raincoartbunri

Image: machi-ya
レインコート自体は分離できる仕組みのため、雨で使った後はしっかりと干して乾燥させることが可能。湿気はカビが生える原因なので、ただ内蔵するだけでなくこのような細かい配慮が重要ですね。

しっかり使えるバックパック機能
MR_shunou

Image: machi-ya
レインコートの飛び道具感が強いですが、バックパックとしての基本性能もしっかり押さえられていますよ。

メインコンパートメントには15.6インチまで対応したPC用ポケットをはじめ、タブレットや小物類などのオーガナイザーも完備。そして180度開閉できる仕様で荷室の深さもあるので衣類等も問題なく収納できそうですね。


MR_top4

Image: machi-ya
その他、TSA対応ロックでセキュリティ対策がされていたり、


MR_contents_docking

Image: machi-ya
キャリーケースとの連結機能など旅行や出張にも嬉しい機能が搭載されています。


MR_contents_USB

Image: machi-ya
モバイルバッテリー用の外側USBポートも装備。かゆい所に手が届く昨今トレンドの機能が盛り込まれていますね。

ご紹介の「MARK RYDEN」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーンを実施中。執筆時点では限定数ありの24%OFFの早割コースが7990円(送料込)からオーダー可能となっています。

気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>> 隠しレインコートで雨でも安心なバックパック「MARK RYDEN」のオーダーはこちら

Image: machi-ya

Source: machi-ya

lifehacker

「天気予報」をもっと詳しく

「天気予報」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ