Razer、ゲーミングノート「Blade Stealth 13」にTiger Lake搭載モデル

11月12日(木)17時31分 マイナビニュース

Razerは、ゲーミングノートPC「Blade Stealth 13」の2020年冬モデル新製品として、120Hz液晶モデル「RZ09-03272J12-R3J1」と有機ELモデル「RZ09-03272J82-R3J1」の2機種を発表した。いずれも11月19日の発売を予定しており、税抜価格は液晶モデルが219,091円、有機ELモデルが238,909円。

いずれも4コア8スレッドの第11世代Intel Core i7-1165G7、16GBメモリ、M.2 NVMe 512GB SSD、NVIDIA GeForce GTX 1650 Ti Max-Qを搭載するゲーミングノートPC。本体は精密CNC加工のアルミ製ユニボディを採用し、黒色アルマイト仕上げ。天板のロゴは同色系で、キーボードのイルミネーションはユーティリティ「Synapse3」でのカスタマイズに対応する。

ディスプレイは仕様によらず4.9mmの狭額縁仕様で、工場出荷時にキャリブレーションを実施。液晶ディスプレイモデルでは120Hzの高速駆動に対応する他、sRGB 100%をカバー。有機ELディスプレイは60Hz駆動ながらタッチ操作に対応しており、DCI-P3 100%をカバーする極めて高い色再現性を備える。

インタフェースにThunderbolt 4(Type-C×2)、USB 3.1(Type-A)×2、IEEE 802.11a/b/g/n/ac/axによるWi-Fi 6、Bluetooth 5.1、ヘッドホン出力を搭載。本体サイズはW204.6×D210×H15.3mmで、重さは液晶モデルが1.41kg、有機ELモデルは1.48kg。

マイナビニュース

「ノート」をもっと詳しく

「ノート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ