富士山で発見の遺体、身元が判明 登山中に滑落のニコ生配信者か

11月12日(火)17時27分 ねとらぼ

男性が配信していた映像(現在はアーカイブ非公開に)

写真を拡大

 ニコニコ生放送での富士登山配信中、山頂付近から男性が滑落したとみられていた件で、静岡県警は11月12日、須走口7合目で発見されていた遺体について、身元が判明したことを明らかにしました。遺体は東京都新宿区在住の男性、塩原徹さんで、年齢は47歳。死因は滑落による損傷死とのこと。
 男性が滑落したとみられる映像がインターネット上で話題になったのは10月28日。ニコニコ生放送で登山の様子を配信していたところ、山頂付近で足を滑らせ、その後安否不明に。ネット上では心配する声が多くあがっていましたが、10月30日に7合目で身元不明の遺体が見つかっており、配信中に滑落した男性ではないかとみられていました。
 一部報道によると、警察は映像を配信していた男性が塩原さんだったとみて、詳しい状況を調べているとのこと。

ねとらぼ

「滑落」をもっと詳しく

「滑落」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ