Windows 10ミニTips 第556回 ピン留めしたEdgeに現れるプロファイルアイコンを消す

11月13日(金)6時0分 マイナビニュース

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

開発版CanaryチャネルのMicrosoft Edgeで、ピン留めアイコンにオーバーレイでユーザープロファイルのアイコンが出てくることをご存知だろうか。ちなみに安定版Microsoft EdgeはMicrosoftアカウントのみ登録しているため、オーバーレイアイコンは付与されない。

タスクバーにピン留めしたEdgeの「リンク先」を確認すると、引数として「--profile-directory=Default」「--profile-directory="Profile 1"」を渡しており、前者は「%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Edge\User Data\Default\Edge Profile.ico」、後者は「%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Edge SxS\User Data\Profile 1\Edge Profile.ico」をアイコンファイルとして選択している。

タスクバーにピン留めしたアプリアイコンの実体は、ショートカットファイルだ。つまり、ショートカットファイルのアイコンを変更すれば、オーバーレイされたプロファイルアイコンを無効できる。

前述のとおりMicrosoft Edgeに登録したプロファイルが1つだけの場合、アカウントのアイコンが重なることはない。必要に応じてプロファイルを追加し、その後削除してもオーバーレイアイコンが消えない場合に本Tipsを試してほしい。

著者 : 阿久津良和 あくつよしかず 1972年生まれのITライター。PC総合誌やDOS/V専門誌、Windows専門誌など、各PC雑誌の編集部員を経たのちに独立。WindowsとLinuxをこよなく愛しつつ、PC関連の著書を多数手がける。近年はBtoCにとどまらず、BtoBソリューションの取材やインタビューが主戦場。休肝日を設けず日々飲み続けてきたが、γ-GTP値が急激に増加し、早急な対応を求められている。ご連絡は以下のサイト内設置したフォームからお願いいたします。https://www.cactus.ne.jp/ この著者の記事一覧はこちら

マイナビニュース

「アイコン」をもっと詳しく

「アイコン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ