iPhoneのDockをカスタマイズできる、らしい

11月14日(水)10時0分 lifehacker

Appleといえば、スマートフォンの外観や操作方法をユーザーの好きに変えさせないことで有名であり、Dockも例外ではありません。

とはいえ、この、iPhoneの貴重なスペースの一部を常に占領しているDockも、やり方次第では、それなりのカスタマイズが可能です。

たとえば、Dockにフォルダを1つ配置することで、生産性を高めることができます。フォルダを配置すれば、どんな画面を開いているときでも、必要なアプリにすばやくアクセスすることができます。

また、審美的な問題も解決しておきたいところ。好きな壁紙を変えても、Dockの背景がライトグレーのままでは興ざめです。少し工夫すれば、Dockの退屈な背景を消し去り、外観を完全に変えてしまうことが可能です。

Dockにフォルダを配置する方法

まず、Dockに配置するアプリフォルダを作成する。アプリアイコンの1つをプルプルと震えるまで長押しし、別のアイコンにドラッグする。すると、新しいフォルダが作成されるので、好きなアプリをドラッグ&ドロップで格納する(名前をつけずにフォルダを作成することもできるが、今回その必要はない)。

Dockにすでにアプリが4つ配置されている場合は、削除するアプリを選び、プルプルと震えるまで長押ししてから、ドラッグで引き出す。

アプリが震えている状態のまま、Dockに配置するフォルダを探し、Dockの空いているスペースにドラッグする(フォルダの名前はDock内では非表示になる)。

Dockの背景を消す方法Dockに関するもう1つの小さなハックは、Dockのグレーの背景を消して、壁紙が見えるようにすることです。

通常、こうした変更を行うには、iPhoneを脱獄しなければなりませんが、今回はそれほどおおげさなことをしなくても大丈夫です。



iPhoneでheyeased.weebly.comにアクセスする。

画面をスクロールして、使いたい壁紙を選ぶ(どれもだいたい同じ)。

画像をタップして開く。

Safariに画面が読み込まれたら、共有ボタンをタップして[画像を保存]をタップする。

写真アプリを開き、保存した画像を開いたら、共有ボタンをタップして[壁紙に設定]をタップする。

ロック画面ではこの画像を使わない場合は[ホーム画面に設定]をタップする。使うなら[両方に設定]をタップする。

Dockの背景が非表示になる。

以下の動画で、この手順を確認できます。あくまでも自己責任の範囲ですが、デザインを変えたい人にはいいかもしれませんね。

あわせて読みたい

Image: Hadrian/Shutterstock.com

Source: iDeviceHelp/YouTube,

Original Article: 2 Quick Tricks for Getting More Out of Your iOS Dock by MakeUseOf

lifehacker

「iPhone」をもっと詳しく

「iPhone」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ