アンカー、充電性能を強化したPowerIQ 2.0搭載モバイルバッテリー2種を発売

11月15日(水)10時0分 ITmedia Mobile

「Anker PowerCore II 10000」(左)と「Anker PowerCore II 20000」(右)

写真を拡大

 アンカー・ジャパンは、11月15日に充電性能をより充実させたモバイルバッテリー2種を発売した。取り扱いはAmazon.co.jp、一部家電量販店。
 ラインアップと価格は、バッテリー容量が1万mAhの「Anker PowerCore II 10000」は3299円(税込)、バッテリー容量が2万mAhの「Anker PowerCore II 20000」は4799円(税込)。
 2製品とも最大18Wまでのデジタル機器を最適な電力で充電できる独自システム「PowerIQ 2.0」を搭載し、充電性能を強化したモデル。約195gという軽量かつコンパクトな設計を実現し、滑りにくく握りやすいストライプメッシュ加工を施している。バッテリー本体の残量を8段階で確認できるLEDライトのほか、サージ保護機能やショート防止機能などの多重保護システムも備えた。
 Anker PowerCore II 10000は、Amazonランキング大賞2017上半期の「バッテリー・充電器」部門で第1位を獲得した「Anker PowerCore 10000」の性能をさらに進化させ、軽量コンパクトなサイズはそのままに、入出力を最大1.8倍まで高めた。

ITmedia Mobile

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バッテリーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ