壊れたiPhone 5を復活させたママ

11月15日(水)16時23分 ITmedia NEWS

ホームボタンが壊れたiPhone 5

写真を拡大

 10日27日午後4時1分、ソフトバンクのオンラインショップで「iPhone X」を予約した。5分ほど前からソワソワしながら、PCの前で待ち構えて。
 実は、約5年使っているママ(31歳の筆者の母親)の「iPhone 5」の調子が最近あまり良くない。アプリの挙動がおかしいだけならまだしも、ホームボタンが押せないという致命的な故障だ。
 グッとホームボタンを押し込めば偶然作動することもあるが、ほぼ無反応。ホームボタンが使えないと何が不便かというと、一度電源を切らなければホーム画面に戻ることができないことだ。もちろんホームボタンのダブルクリックも使えないため、アプリの切り替えもできない。つまり、アプリを一度立ち上げるとホーム画面に戻れないため、一度電源を切って再起動しなくてはならない。SMSメッセンジャーを立ち上げては電源を切り、LINEを立ち上げてはまた電源を切り……こんな具合いだ。
 筆者は「新しい携帯電話に買い替えるか、修理に出そうかな」と相談を受けたが、職業柄あと数週間で新しい機種が発表されると分かっていながら「そのほうがいいよ!」という感じでもなく、ママはその壊れたiPhone 5を1カ月ほど使い続けていた。
 そんなママに、iPhone Xをプレゼントしたかった。ママはピアノの先生で、表千家茶道教授(4代目)。PCは持っているが文字入力ができるくらいで、MicrosoftのWordを使っているのかExcelを使っているのかも判断つかないレベルだ。
 もちろん機種変更時にデータをバックアップしたり、新端末にデータを移行したりなんてことも1人ではできない。久しぶりに家でママと過ごし、iPhoneのデータ移行を一緒にやろうとしていたときだった。
 「Hey Siri」
 ママがホームボタンの効かないiPhone 5に向かって、Siriを呼んだ。
 「Hey Siri。Facebookアプリ開いて」——ママが言うと、「まず、iPhoneのロックを解除してください」とSiriが答える。パスコードを入力するとFacebookアプリが開いた。
 「LINEアプリ開いて」──LINEのアプリが開いた。
 この1カ月、壊れたiPhone 5に不便さを感じながら、ママは私の知らないところで新しい使い方を見つけていた。ホームボタンが動かない壊れたiPhoneとママ。そんな2人の会話を初めて聞いて、最近自分がほとんど家にいないことに気が付いた。
 また昔みたいに、ママと一緒にいる時間をもう少しだけ増やせたらいいな。
(太田智美)

ITmedia NEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

iPhoneをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ