田園都市線、運転見合わせ 架線トラブルの影響 駅入場規制で大混雑

11月15日(水)8時59分 ITmedia NEWS

「田園都市線」がTwitterトレンドに

写真を拡大

 東京急行(東急)田園都市線内で11月15日早朝、架線トラブルが発生した。この影響で田園都市線は一部運転を見合わせていたが、午前9時57分に運転を再開した。午前11時10分現在もダイヤが乱れており、東横線、大井町線にも遅れが発生している。
 午前5時36分頃、田園都市線池尻大橋駅〜駒沢大学駅間で架線トラブルが発生。田園都市線は、半蔵門線内〜渋谷駅間、二子玉川駅〜中央林間駅間で折り返し運転を行っていたが、午前9時57分に運転を再開した。
【更新:2017年11月15日午前11時13分:運転再開について追記・修正しました】
 田園都市線の三軒茶屋・駒沢大学・桜新町・用賀・二子玉川・二子新地・高津・溝の口・梶が谷・宮崎台の各駅では一時、入場規制を実施。溝の口駅などには人があふれていたようで、駅にいるユーザーから混雑の様子の写真がTwitterに次々に投稿されていた。

ITmedia NEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

都市をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ