コンパクトキーボード「HHKB」国内出荷が40万台を突破

11月15日(水)13時5分 ITmedia PC USER

HHKB Professional BT/同 Type-S(左)、セットに付属する木製パームレスト(右)

写真を拡大

 PFUは11月15日、同社製コンパクトキーボード「Happy Hacking Keyboard」の出荷台数が40万台を突破したと発表した。
 初代モデルは1996年12月に販売を開始。2007年3月に20万台、2012年11月に30万台の販売台数を重ね、このほど2017年11月時点で国内累計出荷台数が40万台を突破した(シリーズの歴史についてはこちらも参照のこと)。
 40万台突破を記念したキャンペーンも開始。「HHKB Professional BT」「HHKB Professional Type-S」にロゴ入りの木製パームレストを付属したセットモデルをそれぞれ2万8500円(税別)で販売する(限定250セット)。販売ページはこちら。
 ほか、ツイッター連動のプレゼントキャンペーン「HHKB『40万台ありがとう!』リツイートキャンペーン」も実施される。

ITmedia PC USER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

出荷台数をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ