中身が丸見え? 思わず二度見しそうなiPhone Xのスケルトン壁紙

11月15日(水)12時0分 lifehacker

米LifehackerではiPhone Xのカバーを開けて、バッテリーが2つあるなど、いくつか驚きのポイントを紹介しました。しかし、自分の新品のスマホを開ける気にはなれない人は多いかもしれません。そんな人には、iFixitの解体専門家による、iPhoneの裏側がわかる壁紙はいかがでしょう。

iPhone Xのスケルトン壁紙を入手する方法
171110_iPhoneX_02-1

Image: iFixit.org
まずiFixitのブログを開き、下にスクロールして好きな画像をダウンロードし、新しい壁紙として設定するだけです。普通にカバーを開けた状態の写真と、レントゲンで撮ったような写真から選ぶことができます。

写真をタップすると、実際の解像度の大きさで見ることができるので、それをスマホに保存しましょう。iPhoneの「設定 > 壁紙 > 壁紙を選択」を開くと、ダウンロードしたばかりの画像が見つかるはずです。

Appleは、すべての壁紙を静止画とダイナミックの2つのスタイルから選べるようにしています。静止画は普通の壁紙で、ダイナミックはiPhoneを傾けた時に、画面が少し動くようなエフェクトがかかります。iFixitは静止画での使用をすすめています。

最後に、壁紙をロック画面に設定します(ホーム画面に設定してもいいですが、アプリのアイコンで覆われたら見えません)。これで友だちに、一瞬スケルトンのiPhone Xを持っているのかと思わせられるかもしれません。

Image: iFixit.org

Source: iFixit.org

Jacob Kleinman - Lifehacker US[原文]

lifehacker

この記事が気に入ったらいいね!しよう

iPhoneをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ