OKI、小売向けに「レジ適正台数見える化」「レジ混雑予測」サービス

11月15日(水)16時9分 マイナビニュース

OKIは11月15日、流通小売業界に向け、IoTの画像センシング技術と人工知能(AI)・アナリティクス技術を活用した店舗業務改善支援ソリューション「VisIoT」の提供を開始すると発表した。

「VisIoT」は「集める」「見える」「改善する」をコンセプトとして、店舗内のヒト・モノ・コトのデータをIoTにより収集・見える化し、さらにAI・アナリティクス技術を用いたデータの分析・活用によりさまざまな課題を解決して店舗の業務改善を支援するというソリューション。今回、同ソリューションの第一弾となる「レジ適正台数見える化」および「レジ混雑予測」の2サービスの販売を開始し、レジ周り業務の効率化と顧客満足度向上の同時実現を支援する。価格は個別見積もり。

「レジ適正台数見える化」は、店舗に設置する画像センシング技術を搭載したOKIの映像IoTシステム「AISION」とOKIのマネージドクラウド「EXaaS」上に実装されたOKI独自のAI・アナリティクス技術を用いて、レジの待ち人数を認識してPOSデータと連携することで、レジ開閉のムダ・ムラを見える化し、適正なレジ開閉台数を日毎・時間毎に把握できるようになる。また、過去実績から推奨レジ開局台数を想定し、スタッフのシフト計画最適化を支援する。

「レジ混雑予測」は、来店客の属性情報と買い物時間を認識することで、レジへの到達人数を予測、適正なレジ開閉台数を逐次算出し、管理者のスマートフォンに通知する機能を有している。熟練者でなくても通知内容に従うだけで、混み始める前の最適なタイミングでレジの開局指示が行えるようになり、レジの混雑を事前に防ぐことができるという。また、混雑する時間だけレジ要員を増やすなど、要員の適正配置により、店舗全体の人時生産性向上を支援するとしている。

OKIは、今後さらに「シフト計画作成支援」、「欠品検知」、「特定人物検出」、「待ち時間予測」など、「VisIoT」のサービスメニューを充実させていく予定だ。

なお、同サービスはベイシアとの共創により開発をが行われた。2016年4月からベイシア三好店で行われた実証実験でも効果が測定されているという。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

混雑をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ