SCSK、企業の新たな価値創造に向けてマルチクラウドゲートウェイサービス

11月15日(水)16時20分 マイナビニュース

SCSKは15日、同社クラウド「USiZE」(ユーサイズ)シェアードモデルにおいて、パブリッククラウド環境との接続を行うサービス、マルチクラウドゲートウェイ第1弾として、「USiZEパブリッククラウドモデル(AWS)」との接続サービスの提供を開始した。

USiZEシェアードモデルは、同社データセンター上に構築されたクラウドで基幹業務システムから業務支援や情報システムまで企業ニーズに対応、運用管理を同社が行うマネージド型からセルフ型までオプションを含み広く選択できるサービスを提供する。

「USiZEパブリッククラウドモデル(AWS)」は、AWSのAPNアドバンスドコンサルティングパートナーでもある同社が、コンサルティングから、設計・構築、運用監視から請求代行まで、ワンストップでサポートするサービス。

今回提供を開始したマルチクラウドゲートウェイサービスは、この2つを接続する従量ネットワークサービス。パブリッククラウドを活用したIoTやAIを用いた新ビジネスのPoC(Proof of Concept/概念実証)、マルチクラウド環境の効率的な運用を実現する。サービスは初期費用50,000円、月額基本料金10,000円(税別/通信料100GBまで、100GB以上は1GBごとに100円)で、「USiZEシェアードモデル」、「USiZEパブリッククラウドモデル(AWS)」利用のユーザー企業が利用できる。

同社はサービス提供の背景として、企業のIT投資目的が業務効率化から新サービスによる売上げ拡大へ向けたものへと広がりを見せていること、投資リスク排除のためにはPoCによる事前検証が欠かせないこと、AIやIoT、解析といった先進機能はパブリッククラウドでの提供が多くこれらを活用することが近道であることに言及している。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

クラウドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ