多分、ぼくらが20〜30年後くらいにお世話になっている乗りもの 「パーソナルモビリティ」とは何か?

11月15日(水)9時0分 ねとらぼ

“歩くように移動できる”の実現を目指す「Honda チェアモビ Concept」

写真を拡大

 完全自動運転が実現した近未来のクルマ社会は、私たちの生活をどう良くしていくのでしょう。「東京モーターショー2017」では、そんな近未来のクルマ社会の在り方に対して、「(自動運転が実現したときの)車内空間と移動時間をいかに快適にするか」の提案が、「○○モビリティ」という言葉とともにたくさん示されました。
 こうした近未来のクルマに混じり、「パーソナルモビリティ」と呼ばれるカテゴリーの乗りものも多く展示されました。今回の東京モーターショーで展示されたパーソナルモビリティ(自分専用の移動手段)とは、2017年現在のモノでは自転車、あるいは車いすや電動カートが相当します。大枠では「座れるキャリーカート」もそうなのかもしれません。
 日本が向かう超高齢化社会に対して、「社会として、これからなくてはならないもの」の提案。だからこそ「これは未来の、ぼくらの足なのかもしれない」と想像しやすい現実的なものと感じたのでしょう。思わず足を止め、試乗する来場者も多く見られました。

●追従するキャリーにもなる変身可能なパーソナルモビリティ──アイシン「ILY-Ai」

 アイシングループのブースに展示されていた「ILY-Ai」は、4つのモードに切り替えられる機構を備えた電動パーソナルモビリティです。
 ILY-Aiは、座って乗る「ビークルモード」、立って乗る「スクーターモード」、荷物を乗せられる「カートモード」、歩く人の後ろを追従する「キャリーモード」に変化する機能を備え、乗る人の体調や出歩く状況などによって利用スタイルを変えられる特長を備えました。
 特に「キャリーモード」がポイントだそうです。車体に荷物を乗せて歩き出せば、勝手についてきてくれます。一定の間隔を保ったまま追従し、信号などで止まれば一緒に止まり、歩き出せば一緒に動きます。もちろん、一緒に歩くパートナーやほかのILY-Aiを検知し、隊列を組んで追従することもできるそうです。2020年のリリースを目指しています。

●乗る人の“感情”を読み取って自動走行──「TOYOTA CONCEPT-愛i WALK」

 トヨタ自動車の「TOYOTA CONCEPT-愛i WALK」は、立ったまま、ローラースルーGOGOのように乗るスタイルのパーソナルモビリティです。
 CONCEPT-愛i WALKは、AIが乗った人の感情を読み取り、乗りもの自身がパートナーとなって移動をサポートするコンセプトカー「TOYOTA CONCEPT-愛i」シリーズの1つです。四輪車型のほかのシリーズと同様に、パーソナル型のCONCEPT-愛i WALKは、特に小型で小回りがきき、周囲の状況を把握しながら安全に自動走行する機能を備えています。
 まずはショッピングモールや空港などの移動距離がある広大な場所や、観光地などにおけるレンタル/シェアリングサービスとしての活用からはじめて、そこから個人向けへの拡充が計画されています。
 確かに「こういう乗りもので補助してくれる」と分かっているならば、余計な心配をして遠慮したり、出掛ける意欲を削いだりはしません。むしろ積極的に出歩きたくなります。「これが当たり前」になる社会、実現の時期はかなり近いのかもしれません。

●移動を楽しく快適にする──電動車いす「WHILL」の多彩な魅力

 スタイリッシュで楽しそうなデザインの電動車いす「WHILL」も注目されていました。
 WHILLは、ベンチャーのWHILL社が開発している新世代の車いすです。思わず乗ってみたくなるデザインだけでなく、独自開発したというタイヤとステアリング機構によって、小回りが利き、思うようにスイスイと移動できるように工夫されています。最新型の「Model C」ではハイエンドモデルの「Model A」から軽量化を実現し、価格が半分以下の約45万円に抑えられました。
 WHILLは、2つの前輪で異なる2軸の回転を実現する機構を備えます。前向きの回転と同時に横向きの回転も発生させる独特な仕組みのタイヤ「オムニホイール」によって、くるりとその場で回転できるくらいの小回り性能(回転半径は約76センチ)を実現します。一般的な電動車いすに対して、約半分の回転半径で済むそうです。また、タイヤの切れ角に相当するスペースも必要なくなるので、足元のスペースを広く確保できるメリットもあります。
 東京モーターショーではこのModel Cの派生版として、パナソニックと共同開発している通信機能を搭載するロボット車いす「WHILL NEXT」も出展されました。センサーと車両制御技術によって、自律移動、自動停止、隊列走行を行うための技術検証が完成間近にあるそうです。
 このほかにも、早稲田大学およびNTTと共同で、乗る人の「技能」に加えて、「心理状況」の面でも支援する新世代走行システムの開発が進んでいます。乗っている人の走行状況や利用時間、慣れなどの身体的情報から、心理状況(不安など)を示す瞳孔の開き具合などの情報も分析して、「その時、その人個人に寄り添った運転支援」を行うことを目指しているそうです。

●一緒に出掛けるのが楽しくなりそう──2人乗り電動カート「Honda ふれモビ Concept」

 本田技研工業(ホンダ)は、今回の東京モーターショー2017で複数のパーソナルモビリティを展示していました。その1つが2人乗りの電動カート「Honda ふれモビ Concept」です。
 Honda ふれモビ Conceptは、これまでの電動カート1台分のサイズで2人乗れるようにしたものです。1人は座って、もう1人は後ろに立って乗るスタイルです。自分1人ではなく「パートナーと一緒に、気兼ねなく移動できるように」という意図を込めているそうです。
 例えば、老夫婦のどちらかが車椅子を押しているような「老老介護」のシーンをよく見かけます。「気兼ねなく」一緒に楽しく出掛けたい──。パートナーを気遣って口には出さずにガマンしたり、遠慮してしまう心理状況は、介護の現場では想像以上にあるとホンダの説明員は述べます。こういったことも、近未来の乗りものの力で解決できそうです。

●スーパーの店内も、坂道もスイスイと“歩ける”──「Honda チェアモビ Concept」

 もう1つは、“歩くように移動する”ことにこだわった、1人乗りの電動モビリティ「Honda チェアモビ Concept」です。
 Honda チェアモビ Conceptは、バーなどにある昇降式スツールのような椅子にタイヤを付けたような小型の車体が特長です。座席がやや高い位置に自動調整されることで、目線が立っているときと同じ位置になります。
 ポイントは、「並んで歩くパートナーと目線が同じになる」ことと、「その場で回転できるくらいに小回りがきく」ことです。この仕様も、前述した「ふれモビ Concept」と同様に、パートナーと一緒に外出したり、少し狭いスーパーやコンビニで買い物したりするときに、「“自分は迷惑を掛けているのではないか”などと心配してしまう心理状況を一掃したい」とする思いが込められています。

●3輪バイクの技術を生かした、立ち乗りスタイルの3輪EV「TRITOWN」

 ヤマハ発動機からは、3輪バイク「TRICITY」で採用された「LMW(Leaning Multi Wheels)」技術を応用した個人向けの立ち乗り型3輪EV「TRITOWN」が展示されました。
 TRITOWNは、3輪の安定感を保ったまま体重移動でスイスイ乗れるパーソナルモビリティです。そのまま自立できるので、乗ったまま静止もできます。「まるで自分の足のような一体感が味わえる」乗り心地を目指しているそうです。
 自動運転技術の進展は、この先の社会の在り方も変えるはずです。鍵は「その場、その時のその人のために」「心理状況などまで認知してごく自然に制御すること」と、あるブースの開発者は述べていました。自動運転車だけではなく、20年、30年後の私たち自身が普通に使っているかもしれない「パーソナルモビリティ」もじわじわと身近になってきそうな近未来の1つといえそうです。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

近未来をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ