軽量なのに頑丈で使いやすい! ペタンコになる防水バックパック「Alex backpack2.0」があと7日

11月19日(火)22時0分 lifehacker

少ない荷物でシンプルに生活することを心掛けるミニマリストにとって、かさばらないなバッグは必要不可欠です。

せっかく持ち物を減らしたのに、それを収納するバッグが重たくて、使い勝手が悪いと、快適に過ごすことはできませんよね。

現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「Alex backpack2.0」は、超軽量であるにもかかわらず、しっかりと実用性も兼ね備えた、新提案のロールトップバッグ。デザインもスマートなので、プライベートだけでなくビジネスシーンでも使えます。

キャンペーン終了まで残り7日となっておりますので、その特徴を改めて紹介します!

徹底的にこだわった軽さ
スマート

Image: machi-ya
「Alex backpack2.0」は、超軽量であることにこだわっていて、その結果、約550gという軽さを実現しました。

ポリエステルやナイロンの軽量バッグはよく見かけますが、こちらは、綿100%キャンバスの表面にポリウレタンコーティングを施したPU帆布という素材を採用。PU帆布は、頑丈でありながら汚れもつきにくいという、バックパックにはありがたい特徴を持っています。


PU

Image: machi-ya
しかも、荷物をなにも入れていない状態のときは、ペタンコに折りたたむことができるので、スーツケースに収納してもかさばりません。

この機能はバッグの中に荷物を入れているときも役立ちます。荷物を入れた後、バッグの中の余ったスペースがスリムになるので、「今日は持ち物が少ないのにバッグが大きくて邪魔…」なんてことも防げそうですよ。

荷物の出し入れが素早くできるサイドポケット
サイドファスナー

Image: machi-ya
一般的なロールトップバッグは、ロール部分から荷物を出し入れしますが、奥まで手を伸ばすのが大変なこともあります。

「Alex backpack2.0」は、サイドの幅広ジップポケットが主な収納スペース。ロールトップ部分からアクセスできるメインスペースと繋がっています。ここには、15.6インチまでのPCや書類などを収納可能。


ダブル

Image: machi-ya
使い勝手が良いダブルファスナー仕様になっていることからも、細かいこだわりが感じられますね。


防水

Image: machi-ya
本体外側は、通常の雨程度には濡れないような防水性の高い仕様になっています。縫目部分にも防水処理を施し、止水ファスナーも採用。

裏地も、防水性が高いものを使用しているので、PCなども安心して持ち運べそうです。

快適な背負い心地を叶えるストラップ
肩紐

Image: machi-ya
そして、バックパックの背負い心地を左右する重要な要素である、ストラップ。こちらも実用的な機能が詰まっています。

体に食い込みにくい設計が施されているうえに、速乾性に優れたメッシュ素材を採用しているので、肩まわりが汗でビショビショになる心配がありません。


肩紐ベルト

Image: machi-ya
また、使っているうちにだんだんとずれて、ストラップの長さ簡単に変わってしまうようなバッグも、進んで使いたくないですよね。

そこで「Alex backpack2.0」は、バックルの形状を改良し、ベルトの末端をループ状にすることで、ストラップが緩まないように設計しています。

これなら、自分にとってベストなストラップの長さを常にキープできそうです。

「Alex backpack2.0」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、限定200個が13%オフの7,160円からオーダー可能です(送料込)。

プロジェクト終了まで残り7日となっておりますので、気になる方はお早めに!

詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>「Alex backpack2.0」のオーダーはこちらから

Image: machi-ya

Source: machi-ya,YouTube

lifehacker

「バッグ」をもっと詳しく

「バッグ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ