iPhoneをiCloudからサインアウトするとどうなる? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

11月20日(水)17時28分 マイナビニュース

いまやiPhoneにとって必須の「iCloud(アイクラウド)」ですが、その働きはいまひとつ知られていません。使い始めのときの案内に従っただけ、ときどき言葉を見かけるけど何をするのかよくわからない、という方が多いのではないでしょうか。

iCloudはAppleが運営するクラウドサービス(インターネット上にあるAppleのサーバ上で実行される各種プログラム)で、iPhoneやiPad、MacなどApple製品にさまざまな機能を提供します。iPhoneがiCloudにサインイン(自分のApple IDで認証された状態)されていれば、必要に応じてiCloudと通信を行い、さまざまなデータを送信したり保管したりしてくれるのです。

iOSに付属のアプリの多くも、iCloudとの連携を前提に設計されています。「連絡先」は住所氏名などの情報を、「カレンダー」はイベント情報をiCloudに保存することで、iPadやMacなどiCloudと接続可能な機器とデータを同期できます。

逆にいうと、iCloudに接続していない(サインアウトした状態)ときには、iPhoneで入力した住所氏名はiPhoneでしか閲覧できません。Macで登録したイベント情報がiPhoneに反映されることもありません。iCloudにサインインしているときは、インターネット上にデータを保管しいつでも引き出せる状態にありますが、サインアウトしているときはそれができなくなります。

なお、iCloudからサインアウトしても新たにデータを送受信できなくなるだけで、そのアカウント(Apple ID)を削除しないかぎりデータは消えません。サインアウトするときには、iPhoneにデータのコピーを残すかどうか訊ねられますが、残さなくてもiCloud上にデータは保管され続けます。もういちどiCloudにサインインすれば、サインアウト前同様データにアクセスできるので心配はいりません。

マイナビニュース

「iPhone」をもっと詳しく

「iPhone」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ