アニメ聖地にキャラ降臨? 音と映像のARコンテンツをブラウザ上で構築できるプラットフォーム NECが開発

11月21日(木)13時3分 ITmedia NEWS

 NECは11月21日、音と映像を組み合わせたARコンテンツをWebブラウザ上で制作できるプラットフォームを法人向けに提供すると発表した。アニメやドラマの舞台となった“聖地”で、キャラクターがその場にいるように感じられるARコンテンツの提供といった用途を見込む。
 専用イヤフォンやスマートフォンを通じ、ユーザーの位置情報や顔の向きに応じて聞こえ方が変わる音響定位技術や、見え方が変わる映像などのAR技術を活用したコンテンツを制作できるプラットフォーム。現実空間に仮想的なエリアの境界を作るジオフェンス設定や音響の空間定位、音声・映像コンテンツとのマッピングなどをWebブラウザに表示したGUI上で直感的に構築できるのが特徴。
 制作できるARコンテンツは、位置情報に基づいて音声コンテンツの起動タイミングを制御する仕組み。ユーザーは顔の向きを変えても一定方向から音が聞こえるため、周囲の物やキャラクターから実際に話しかけられているような体験が得られるという。
 NECは19年度中に観光地や各種施設・団体などにARコンテンツを提供する事業パートナーに対して同プラットフォームの提供を始める予定。

ITmedia NEWS

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ