京急電鉄、マンションと最寄駅間の傘シェアリング利用サービス提供

11月21日(木)10時26分 マイナビニュース

京浜急行電鉄は11月20日、2021年3月入居開始予定の分譲マンション「プライムパークス上大岡 ザ・レジデンス」と「プライムスタイル川崎」において、マンションと最寄駅間の傘シェアリング利用サービスを導入し、入居者に無料でサービスを提供すると発表した。

同サービスは、Nature Innovation Groupが提供する24時間単位で利用が可能なサービス「アイカサ」をべースとしたもの。一定時間内(1時間以内)にマンションエントランスに設置するアイカサ専用傘を京急線最寄駅の専用傘置き場に返却、または駅のアイカサ専用傘を帰宅時などにマンションで返却すると、通常70円(税込)の利用料金が無料となる。

1時間以上利用する場合は、24時間以内に返却すれば1本70円(税込)で利用できる。また、月額420円(税込)を払えば、使い放題となる。

マンションエントランスの専用傘置き場はセキュリティエリア内に設置するため、入居者以外の人は利用できない。

マイナビニュース

「シェアリング」をもっと詳しく

「シェアリング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ