iPhone XでApple Payを使って感じたこと

11月22日(水)6時0分 ITmedia Mobile

ホームボタンを2回押すと、Face IDが起動して顔認証がスタートする

写真を拡大

 ホームボタンのなくなったiPhone Xは、これまでから大きく操作方法が変わりました。「Apple Pay」もその1つです。
 Apple Payで支払いをする際、iPhone 8/7ではホームボタンに触れてTouch IDで認証をする形でしたが、iPhone XではFace IDで認証する方法に変更されました。
 Touch IDで支払う場合、iPhoneをリーダーライターにかざし、ホームボタンに触れるという操作法です。一方Face IDで支払う場合、電源キーを2回押して顔認証をしてから、iPhoneをリーダーライターにかざします。つまりTouch IDでは「かざす」→「認証」だったのが、Face IDでは「認証」→「かざす」に順番が変わるわけです。
 Face IDの認証はロック解除と同じくらいのスピードで、1秒ほどで終わります。
 どちらか使いやすいかは、まだ何とも言えないのですが、Face IDを利用する前に電源キーを2回押すのにまだ慣れません。iPhone Xの電源キーは右側面にあります。筆者は左手でスマホを使うので、右側面のキーは中指で押す形になります。この中指を2回小刻みに動かすのに慣れず、親指のようにスムーズに動かせません。Touch IDで親指を触れる方が自然な動作に思えます。
 しかもFace IDではiPhoneをかざす前に認証するので、認証されずiPhoneを見つめたままだと、店員に「あれ、どうしたのかな?」と思われそうで、若干のプレッシャーがあります。リーダーライターが決済可能な状態になって、店員に「どうぞ」と言われる前に認証を済ませておけばいいのですが、支払い前にポイントカードを提示して返してもらうなどバタバタしていると、その余裕がありません。まあ慣れの問題ともいえますが。
 あと、近所のスーパーに設置されているリーダーライターが、なぜか2回読み取らないと決済が完了しないのです(ちなみにiDです)。Face IDの場合、iPhone Xをもう一度見ないと顔認証できなので、リーダーライターから離す必要があって面倒です。Touch IDならiPhoneはかざっしっぱなしでもう一度指紋認証すればよかったのですが。
 Face IDの認証精度はTouch IDよりは良いと感じているので、Touch IDより認証のプレッシャーは少ないですが、完全に慣れるまでにはもう少し時間がかかりそうです。
※この記事はメールマガジン「ITmedia デジタルライフスタイル通信」から転載、加筆したものです。購読申込はこちら。

ITmedia Mobile

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Appleをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ