首筋のコリに。ジンズとピップから眼鏡のツルに合体する磁気治療器

11月25日(水)11時0分 GIZMODO

201125_jins1
Image: JINS
コロナ禍でモニターやスマホを覗く機会が増えましたもんね。
長時間のPC作業をしていると、眼精疲労と首筋のコリに悩まされませんか? そこでアイウェアのJINS(ジンズ)と、「エレキバン」のピップが共同開発したメガネバンド型磁気治療器の「JINS MAGNET(ジンズ マグネット)」が、お助けアイテムとして活躍しそうです。
201125_jins
Image: JINS
首を挟み込む部分に磁石内臓これは眼鏡のツルにネックバンドを取り付け、首に当たる部分のコネクターで合体させると、突起状になった磁石が磁力で血行を改善するというものです。
開発には約2年の歳月を費やしたとのことで、結合部がV字型に設計されているのが最大の特徴。この部分が首を挟み込み、最大磁束密度110ミリテスラがコリをほぐすようになっています。素材は柔らかいシリコン製で、肌に優しく安全。汗をかいても、水洗いもできるので清潔です。
現代人に嬉しいアドオン価格は2,500円で、11月26日に発売されます。PC眼鏡と併用すると、更なる効果が期待できそうですよね。コンピューターのモニターもスマホも、ちょっと下向きの角度で見ることが多いので、こうしたアイテムでケアしたいものです。
Source: JINS (1, 2) via FASHIONSNAP.COM

GIZMODO

「ピップ」をもっと詳しく

「ピップ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ