ナビタイム、列車の遅延情報に対応したルート検索機能

11月25日(水)12時46分 マイナビニュース

ナビタイムジャパンは11月25日、iOS / Android向けの総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」に、列車の遅延を考慮したルート検索機能を追加した。同アプリはApp StoreやGoogle Playから無料でダウンロード可能。有料のプレミアムコースも用意する。

列車遅延を考慮したルート検索機能では、ルートを調べる際の検索条件で、「リアルタイム遅延考慮」をオンにしてルート検索すると、その時発生している列車遅延を考慮したルート検索ができるようになる。対応路線は東京メトロ、JR東日本、都営地下鉄。

列車遅延に関するデータは、 東京公共交通オープンデータチャレンジや、公共交通オープンデータセンターで公開されている列車情報や駅時刻表を活用する。

今回の遅延対応により、ユーザーが再検索せずとも目的地到着までの最適なルートと到着時刻を検索できるようになる。また、 時刻表でも遅れている列車を表示するため、乗りたい路線がどのくらい遅れているかを確認できる。

マイナビニュース

「遅延」をもっと詳しく

「遅延」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ