アイ・オー、可動式アンテナで電波の向きを変えられるWi-Fi 6ルータ

11月25日(水)14時14分 マイナビニュース

アイ・オー・データ機器は11月25日、可動式アンテナを搭載したWi-Fi 6対応ルータ「WN-DEAX1800GR」を発表した。12月中旬から発売する。価格は9,800円(税別)。

「WN-DEAX1800GR」は、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)に準拠し、5GHzで最大1,201Mbps、2.4GHzで最大574Mbps(いずれも規格値)での通信が可能なWi-Fiルータ。Wi-Fiの電波を最適な方向に向けて飛ばすことが可能な可動式アンテナを搭載している。

インターネット回線の接続方式を自動判別する機能を搭載し、ルータをモデムなどにつなぐだけで、適切な動作モードに設定されるため初期設定は不要。ただしPPPoE接続の場合は初回接続時にID、パスワードの入力が必要となる。

また、IPv6を利用した高速インターネット通信が行える「IPv6ブースト」、子機が「ビームフォーミング」に対応していなくても通信を安定化させる「ビームフォーミングW」機能、電波の混雑状況を確認し、混雑状況が少ない帯域に自動で誘導する「バンドステアリング」機能などを搭載する。

無線LANセキュリティはWPA2-PSK(AES)、WPA3-SAE、WPA3-SAE Transition、MACアドレスフィルタリングなどに対応する。

有線インタフェースは、Gigabit Ethernet LAN×2基とWAN×1基。アンテナ方式は外部アンテナ×2本。本体サイズはW70×D145×H245mm(縦置き専用、アンテナ直立状態、スタンド含む、突起部含まず)、重さは約340g(スタンド含む)。

マイナビニュース

「Wi-Fi」をもっと詳しく

「Wi-Fi」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ