マカフィー、年末年始のオンラインショッピング詐欺に警鐘

11月25日(水)18時46分 マイナビニュース

マカフィーはこのほど、米国居住の18歳以上の成人1,000名を対象に、ホリデーシーズンのオンラインショッピングに関する調査を実施した。調査期間は2020年10月8日〜13日まで。

米国では2019年のブラックフライデーからサイバーマンデーにかけての商戦で、1億2,400万人以上が店舗で買い物をしたという。今回の調査によると、2020年では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行しているため、COVID-19の出現以降、調査対象者の48%がオンラインでの購入が増えたと回答。オンラインでの買い物が増加傾向にあるとした。

そんな中、マカフィーのAdvanced Threat Researchチームはオンラインショッピングの脅威に警鐘を鳴らす。マカフィーの脅威調査部門「McAfee Labs」が2020年第2四半期に検出した脅威は1分あたり419件。前四半期と比べ12%増加したとする。

しかし、調査対象者の37%はサイバーリスクを認識していても、オンラインショッピングの習慣を変えるつもりはないと回答。また、ブラックフライデーやサイバーマンデー関連で受け取ったメールやテキストメッセージが本物かどうかを確認する人は半数以下の42%だったという。

マカフィーはホリデーシーズンにおける脅威への対策として、多要素認証の導入や、マルウェアの侵入・フィッシングサイトへのアクセスなどサイバー脅威をブロックするセキュリティツールの利用を推奨している。

マイナビニュース

「マカフィー」をもっと詳しく

「マカフィー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ