スマホで“eスポーツ力”を測る! ZONeがJeSU公認の「全国統一eスポーツテスト」

11月25日(水)9時0分 マイナビニュース

デジタルパフォーマンスエナジー「ZONe」は、日本eスポーツ連合(JeSU)監修のもと、「JeSU公認 全国統一eスポーツテスト presented by ZONe」を公開した。

「全国統一eスポーツテスト」は、スマホを使った簡単なゲームで、eスポーツに必要不可欠な自身の能力を測定できるサービス。eスポーツ研究の第一人者である馬場章氏が監修を担当した。

「eスポーツテスト」では、「HAND」「EYE」「BRAIN」の3つのテストによって、eスポーツに必要不可欠な「操作力」「認知力」「思考力」「反射力」「持久力」の5つのゲーム基礎能力を計測。これら3つのテストの記録と、5つのゲーム基礎能力を総合的に評価した偏差値(全国のプレイヤーに対する自己の相対位置)を知ることで、自身の長所短所や実力などを把握・分析しながら、eスポーツのトレーニングに役立てられるという。

「GAME HAND」では、自機を左右に操作して、障害物を避けながら前へ進む。移動するスピードが徐々に速くなるなか、どれだけの距離を進めるか測定する。

「GAME EYE」では、画面に表示される複数のターゲットの中から、1つだけ逆向きのものを見つけてタップ。特に認知力が必要とされる。

「GAME BRAIN」では、画面上部に出題される記号と色・形がどちらも異なるものを、5つの回答ボタンから選んでタップする。

また、毎日0時から23時59分の各ゲームの最高記録(≠偏差値)を「デイリーハイスコア」として記録。過去30日分のデイリースコアを個人記録として保存し、30日分のデイリースコアの推移を、折れ線グラフでチェックできる。

専用アプリをインストールは不要。スマホのブラウザ上だけで測定可能だ。対応OSはAndroid8以降、iOS12以降。料金は無料。

マイナビニュース

「eスポーツ」をもっと詳しく

「eスポーツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ