子ども向けタブレットのニューモデル・ポケットサイズ版 バンダイナムコグループのメガハウスから

12月2日(水)9時45分 J-CASTニュース

「tap me」シリーズのポケットサイズ版新商品

写真を拡大

バンダイナムコグループでゲームや玩具などを手がけるメガハウス(東京都台東区)は、子ども向けタブレット端末「tapmepot(タップミーポット)」を2015年11月下旬に発売した。価格は1万9800円(税別)。

オリジナルのアプリストアと「Google Play」初対応



子ども向けながら本格的タブレット端末として好評を得ている「tap me」シリーズのポケットサイズ版新商品。



専用アプリ「オレフォトバトラー」「ひみつの手帳」を含む50以上のプリインストールアプリに加え、同社オリジナルの子供向けアプリストア「MegaHouse Apps」に加え、シリーズ初の「Google Play」に対応。子供の成長に合わせて長く楽しめるという。



「アプリ利用制限」、使用時間や曜日ごとに時間割を設定できる「使いすぎ防止タイマー」などの保護者向け管理機能を備える。



4型(800×480ドット)TFT液晶ディスプレイを搭載。OSは「Android 4.4」、メモリーが1GB、ストレージが8GB。Wi-Fi通信で月額利用料は必要ない。



専用ACアダプター、イヤホンなどが付属する。カラーはホワイト、ブラックの2色。

J-CASTニュース

「バンダイ」をもっと詳しく

「バンダイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ