ソニーのミラーレス一眼「α7III」「α7RIII」に撮影データが破損する不具合? 相次ぐ報告にソニーは「事実確認中」

12月2日(日)16時54分 ねとらぼ

α7III商品紹介ページ(ソニー公式サイトより)

写真を拡大

 ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラについて、「SDカードが勝手にフォーマットされる(※)」「レンズが壊れる」といった現象がネット上で報告され話題となっています。事実なら恐ろしすぎますが、ソニーに取材を行ったところ、そうした報告については認識しており、「現在事実確認中」とのこと。
【12月5日16時30分追記】※動画で報告していたカメラマンのナカモトダイスケさんによると、厳密にはフォーマットではなく、フリーズ中に電池を抜いたことで管理ファイルが破損した可能性もあるとのこと
 議論されているのは、ソニーが2018年3月に発売したフルサイズミラーレス一眼「α7 III(ILCE-7M3)」および、2017年11月発売の同型高画素機「α7RIII(ILCE-7RM3)」について。この機種は高性能のイメージセンサーを搭載しているだけでなく、1秒10コマの連射撮影や4K動画撮影、ダブルSDカードスロットの採用など充実した機能性を有しており、アマチュアのみならずプロカメラマンも使用している人気機種です。
 発端となったのは、プロカメラマンのナカモトダイスケさんがYouTubeに投稿した不具合を報告する動画。ナカモトさんは自身のYouTubeチャンネル「サンセットスタジオTV」に上記2機種の不具合発生に言及した動画を複数投稿し、注目を集めました。
 ナカモトさんが最初に遭遇した不具合は、カメラに装着したレンズのF値が突然固定されて操作できなくなり、「カカカカ」と異音が発生したというもの。さらにα7IIIでは、トラブル解決のため電源のオンオフを繰り返したところ、画面がフリーズ。再起動するとセットされていたSDカード2枚とも、撮影データが破損してしまったといいます(1枚は一部JPGデータの復旧に成功したものの、もう1枚のRAWデータは復旧できなかったとのこと)。また「管理ファイルがみつかりません」という表示と共に、カメラから撮影データが閲覧できなくなる不具合にも見舞われました。
【12月5日17時45分追記】一部表現を修正しました
 カメラを修理に出したところ、ソニーからは「レンズの不具合を確認したが本体に異常は見られなかった」「データの削除はSDカードに起因しているのではないか。ソニー製純正SDカードであればそうした問題は起こらないと思う」と回答があったそうです。これに対しナカモトさんは、使用していたSDカードは国内でも多くのユーザーが使用しているSanDisk製のもので、「腑に落ちない」と述べています。
 このナカモトさんの報告に対し、SNSではアマチュアとプロのカメラマンから類似する報告が複数報告されています。中には、フリーズ発生時の動画を投稿しているユーザーも見られました。
 こうした一連の話題に関して「不安だ」「使用するのが怖い」「不具合が怖くて買えない」といった声も見受けられます。一方で「自分のカメラには不具合が起きていない」といった報告も見られました。
●取材に対し、ソニーの回答は
 これらの不具合について、ねとらぼ編集部がソニーに問い合わせを行ったところ、以下の回答が得られました。
・YouTubeの動画、およびネット上で話題になっていることに関してはこちらでも認知している
・現在事実確認を行っているが、まだ具体的な回答は出せない
・今後、動きが見られたら報告を行う
 ソニー側も一連の報告については把握しており、現在調査を進めているようです。

ねとらぼ

「ソニー」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ソニー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ