AWSが自動作曲のためのキーボードを発表。AIと一緒に作曲を学ぼう

12月4日(水)16時0分 GIZMODO


191204awsdeepcomposer
Image: AWS

A・I、センセイ。

毎年恒例の年次イベントAWS re:Invent 2019にて、AWS(Amazon Web Services)が音楽制作のためのキーボード「DeepComposer」を発表しました。Amazon印の電子楽器かー珍しいなー…と思いました? 残念、もっとエッジーです。

「DeepComposer」は普通のキーボードと違い、完全に自動作曲のためのツールとなっています。キーボードはWeb上のDeepComposerサービスと連動し、適当に弾いたフレーズからメロディや伴奏を生成。サービスを利用するには1時間単位で課金が必要ですが、実際に鍵盤を触りながらディープラーニングの威力を味わえるという点ではかなりインタラクティブな布陣です。

曲のジャンルも、クラシック、ポップス、ジャズなど指定が可能。こちらの8分15秒あたりからの演奏→楽曲生成の流れがわかりやすいかと。

作曲の学習やヒントになるのはもちろんとして、これ、無限フリーBGM生成マシンにもなり得るのでは? たとえばメロウな動画作ってるからそれに合うBGMを作ったり、配信者なら他の人とは違うオリジナルのBGMを作ったりとか。現段階ではジャンルの縛りがあるものの、ゆくゆくはもっと細やかなムードの指定ができれば…おもしろそう。

「DeepComposer」キーボード本体の価格は99ドル(約1万円)で、機械学習サービスの利用料はAIトレーニングが1.26ドル/時間、推論モデル使用が2.12ドル/時間(12ヶ月無料枠あり)。現在は米国のみでの取り扱いとなっていますが、使い続けるうちに進化する自動作曲キーボードとか、音楽×AIも新展開を迎えてきましたな。

Source: Synthtopia, YouTube

GIZMODO

「AWS」をもっと詳しく

「AWS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ